ClientCredentials.ServiceCertificate プロパティ

定義

サービスの X.509 証明書を指定するために使用するオブジェクトを取得します。

public:
 property System::ServiceModel::Security::X509CertificateRecipientClientCredential ^ ServiceCertificate { System::ServiceModel::Security::X509CertificateRecipientClientCredential ^ get(); };
public System.ServiceModel.Security.X509CertificateRecipientClientCredential ServiceCertificate { get; }
member this.ServiceCertificate : System.ServiceModel.Security.X509CertificateRecipientClientCredential
Public ReadOnly Property ServiceCertificate As X509CertificateRecipientClientCredential

プロパティ値

X509CertificateRecipientClientCredential

特定のサービスに使用する証明書を表す X509CertificateRecipientClientCredential

このプロパティを使用してサービスの証明書を取得し、そのプロパティを設定する方法を次のコードに示します。

X509CertificateRecipientClientCredential rcc =
    client.ClientCredentials.ServiceCertificate;

X509Certificate2 cert = new X509Certificate2();
rcc.ScopedCertificates.Add(new Uri("http://fabrikam.com/sts"), cert);

注釈

このプロパティによって返されるオブジェクトを使用してそのメンバーを呼び出すことにより、証明書のプロパティを構成できます。

特定の URL と通信するときに使用する個別の証明書に加えて、既定の証明書を 1 つ指定できます。

また、このクラスを使用して、メッセージ レベルで実行される SSL/TLS ネゴシエーションを介してネゴシエーションされるサービス証明書の認証設定を制御することもできます。

このプロパティは、必ずしも指定される必要はありません。 このプロパティが必須かどうかは、サービスとの通信に使用されるバインディングに設定されている認証モードとネゴシエーション オプションによって異なります。 この動作を制御する関連クラスとして、MessageSecurityOverHttpMessageSecurityOverTcp などがあります。

この値は、クライアント アプリケーション構成ファイルの <証明書> 要素を使用して設定することもできます。

適用対象