WeakReference.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) メソッド

定義

SerializationInfo オブジェクトに、現在の WeakReference オブジェクトをシリアル化するために必要なすべてのデータを格納します。

public:
 virtual void GetObjectData(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info, System::Runtime::Serialization::StreamingContext context);
public virtual void GetObjectData (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
[System.Security.SecurityCritical]
public virtual void GetObjectData (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
abstract member GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
override this.GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
[<System.Security.SecurityCritical>]
abstract member GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
override this.GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
Public Overridable Sub GetObjectData (info As SerializationInfo, context As StreamingContext)

パラメーター

info
SerializationInfo

現在の WeakReference オブジェクトのシリアル化または逆シリアル化に必要なすべてのデータを保持するオブジェクト。

context
StreamingContext

(予約済み) シリアル化データを格納および取得する位置。

実装

属性

例外

infonullです。

注釈

このメソッドは、現在WeakReferenceのオブジェクトをシリアル化するために必要なすべての情報infoを格納します。

パラメーターは context 予約されており、現在、このメソッドの実行では使用されていません。

適用対象

こちらもご覧ください