WeakReference.Target プロパティ

定義

現在の WeakReference オブジェクトが参照するオブジェクト (ターゲット) を取得または設定します。

public:
 virtual property System::Object ^ Target { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public virtual object Target { get; set; }
public virtual object? Target { get; set; }
member this.Target : obj with get, set
Public Overridable Property Target As Object

プロパティ値

Object

現在の WeakReference オブジェクトが参照するオブジェクトが、ガベージ コレクションで既に収集されている場合は null。それ以外の場合は、現在の WeakReference オブジェクトが参照するオブジェクトへの参照。

例外

ターゲット オブジェクトへの参照が無効です。 この例外は、値が null 参照の場合か、設定操作中にオブジェクトが終了した場合に、このプロパティを設定するときにスローされます。

次の例では、弱い参照を持つオブジェクトのキャッシュからオブジェクトを取得しようとします。 オブジェクトがガベージ コレクション用に再利用された場合は、新しいオブジェクトが生成されます。 この例は、 クラスに対して提供されるより大きな例の WeakReference 一部です。

Data d = _cache[index].Target as Data;
if (d == null) {
    // If the object was reclaimed, generate a new one.
    Console.WriteLine("Regenerate object at {0}: Yes", index);
    d = new Data(index);
    _cache[index].Target = d;
    regenCount++;
}
else {
    // Object was obtained with the weak reference.
    Console.WriteLine("Regenerate object at {0}: No", index);
}

return d;
match _cache[index].Target with
| :? Data as d->
    // Object was obtained with the weak reference.
    printfn $"Regenerate object at {index}: No"
    d
| _ ->
    // If the object was reclaimed, generate a new one.
    printfn $"Regenerate object at {index}: Yes"
    let d = Data index
    _cache[index].Target <- d
    regenCount <- regenCount + 1
    d
 Dim d As Data = TryCast(_cache(index).Target, Data)
 ' If the object was reclaimed, generate a new one.
 If d Is Nothing Then 
     Console.WriteLine("Regenerate object at {0}: Yes", index)
     d = New Data(index)
     _cache(index).Target = d
     regenCount += 1
Else 
     ' Object was obtained with the weak reference.
     Console.WriteLine("Regenerate object at {0}: No", index.ToString())
 End If 
 Return d

注釈

このプロパティをターゲット オブジェクトに設定した後、オブジェクトへの他の厳密な参照がないことを確認します。それ以外の場合、収集されません。

適用対象

こちらもご覧ください