Share via


Azure CLI のインストール

Azure では、Azure portal に加えて、Azure リソースを作成して管理するためのコマンドライン ツールとして Azure CLI も提供されています。 Azure CLI には、効率性、再現性、および繰り返し発生するタスクをスクリプト化できるという利点があります。

実際には、ほとんどの開発者は、Azure portal と Azure CLI の両方を使用しています。 Azure portal は、新しいサービスを探索したり、Azure アカウント内のすべてのリソースの概要を取得したりするときに便利ですが、ほとんどの開発者は、Azure CLI の方がより高速で効率的であると感じています。 Azure CLI を使用すると、Azure portal では複数の手順を実行する必要があることを 1 つのコマンドで実行できる場合がよくあります。 さらに、Azure CLI コマンドはファイルに保存できるため、繰り返しタスクが毎回同じように実行されることを保証できます。

Azure CLI は、Windows、macOS、Linux で使用できます。

Azure Cloud Shell

Azure Cloud Shell (https://shell.azure.com) でも Azure CLI を使用することができます。 Azure Cloud Shell は、Azure リソースを管理するための、完全に機能するブラウザーベースのシェルです。 Azure Cloud Shell は、コマンドライン環境が必要だが、Azure CLI をインストールできないデバイスで作業している場合に役立ちます。

Screenshot of the Azure Cloud Shell running in a browser

次のステップ

次に、Azure を使用して生産性を向上させるために、Azure Storage Explorer や Azure Data Studio などのその他の Azure ツールをインストールします。