.NET CLI のタブ補完を有効にする方法

この記事の対象: ✔️ .NET Core 2.1 SDK 以降のバージョン

この記事では、PowerShell、Bash、zsh、fish の 4 つのシェルのタブ補完を構成する方法について説明します。 他のシェルについては、タブ補完を構成する方法に関するシェルのドキュメントを参照してください。

設定が完了すると、シェルにコマンドを入力し、Tab キーを dotnet 押すと、.NET CLI の タブ 補完がトリガーされます。 現在のコマンド ラインが コマンドに dotnet complete 送信され、結果がシェルによって処理されます。 何かを dotnet complete コマンドに直接送信することで、タブ補完を有効にせずに結果をテストすることができます。 次に例を示します。

> dotnet complete "dotnet a"
add
clean
--diagnostics
migrate
pack

そのコマンドが機能しない場合は、.NET Core 2.0 SDK 以降がインストールされていることを確認します。 インストールされているが、そのコマンドがまだ機能しない場合は、コマンドが dotnet .NET Core 2.0 SDK 以降のバージョンに解決されていることを確認してください。 dotnet --version コマンドを使用して、現在のパスの解決先となっている dotnet のバージョンを確認します。 詳細については、「使用する .NET のバージョンを選択する」を参照してください。

使用例

タブ補完で提供されることの例をいくつか次に示します。

入力 結果 理由
dotnet a⇥ dotnet add アルファベット順では、add が最初のサブコマンドのため。
dotnet add p⇥ dotnet add --help タブ補完が部分文字列と一致しており、アルファベット順では --help が先になるため。
dotnet add p⇥⇥ dotnet add package Tab キーを 2 回押すと、次の修正候補が表示されるため。
dotnet add package Microsoft⇥ dotnet add package Microsoft.ApplicationInsights.Web 結果はアルファベット順に返されるため。
dotnet remove reference ⇥ dotnet remove reference ..\..\src\OmniSharp.DotNet\OmniSharp.DotNet.csproj タブ補完がプロジェクト ファイルに対応しているため。

PowerShell

.NET CLI の PowerShell にタブ補完を追加するには、変数 $PROFILE に格納されているプロファイルを作成または編集します。 詳細については、プロファイルの作成方法プロファイルと実行ポリシーのトピックを参照してください。

自分のプロファイルに次のコードを追加します。

# PowerShell parameter completion shim for the dotnet CLI
Register-ArgumentCompleter -Native -CommandName dotnet -ScriptBlock {
     param($commandName, $wordToComplete, $cursorPosition)
         dotnet complete --position $cursorPosition "$wordToComplete" | ForEach-Object {
            [System.Management.Automation.CompletionResult]::new($_, $_, 'ParameterValue', $_)
         }
 }

Bash

.NET CLI の bash シェルにタブ補完を追加するには、次のコードを .bashrc ファイルに追加します。

# bash parameter completion for the dotnet CLI

function _dotnet_bash_complete()
{
  local cur="${COMP_WORDS[COMP_CWORD]}" IFS=$'\n'
  local candidates

  read -d '' -ra candidates < <(dotnet complete --position "${COMP_POINT}" "${COMP_LINE}" 2>/dev/null)

  read -d '' -ra COMPREPLY < <(compgen -W "${candidates[*]:-}" -- "$cur")
}

complete -f -F _dotnet_bash_complete dotnet

zsh

.NET CLI の zsh シェルにタブ補完を追加するには、次のコードを .zshrc ファイルに追加します。

# zsh parameter completion for the dotnet CLI

_dotnet_zsh_complete() 
{
  local completions=("$(dotnet complete "$words")")

  # If the completion list is empty, just continue with filename selection
  if [ -z "$completions" ]
  then
    _arguments '*::arguments: _normal'
    return
  fi

  # This is not a variable assignment, don't remove spaces!
  _values = "${(ps:\n:)completions}"
}

compdef _dotnet_zsh_complete dotnet

fish

.NET CLI の fish シェルにタブ補完を追加するには、次のコードを config.fish ファイルに追加します。

complete -f -c dotnet -a "(dotnet complete (commandline -cp))"