Share via


<startup> 要素

共通言語ランタイムのスタートアップ情報を指定します。

configuration
  <startup>

構文

<startup useLegacyV2RuntimeActivationPolicy="true|false" >
</startup>

属性と要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 説明
useLegacyV2RuntimeActivationPolicy 省略可能な属性です。

.NET Framework 2.0 のランタイム アクティブ化ポリシーを有効にするか、.NET Framework 4 のアクティブ化ポリシーを使用するかを指定します。

useLegacyV2RuntimeActivationPolicy 属性

[値] 説明
true 選択したランタイムについて、.NET Framework 2.0 のランタイム アクティブ化ポリシーを有効にします。これは、従来のランタイム アクティブ化手法 (CorBindToRuntimeEx 関数など) を、CLR バージョン 2.0 に制限するのではなく、構成ファイルから選択されたランタイムにバインドするためです。 したがって、CLR バージョン 4 以降が構成ファイルから選択されている場合、以前のバージョンの .NET Framework で作成された混合モードのアセンブリは、選択した CLR バージョンを使って読み込まれます。 この値を設定すると、CLR 1.1 または CLR 2.0 が同じプロセスにロードされなくなり、実質的にインプロセス サイドバイサイド機能が無効になります。
false .NET Framework 4 以降の既定のアクティブ化ポリシーを使用します。これは、従来のランタイム アクティブ化手法で、CLR バージョン 1.1 または 2.0 をプロセスに読み込めるようにするためです。 この値を設定すると、混合モードのアセンブリは、.NET Framework 4 以降でビルドされた場合を除き、.NET Framework 4 以降へは読み込まれなくなります。 これが既定値です。

子要素

要素 説明
<requiredRuntime> バージョン 1.0 の共通言語ランタイムのみがアプリケーションでサポートされることを指定します。 ランタイムのバージョン 1.1 以降でビルドされたアプリケーションは、<supportedRuntime> 要素を使用します。
<supportedRuntime> アプリケーションでサポートされる共通言語ランタイムのバージョンを指定します。

親要素

要素 説明
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。

解説

ランタイムのバージョン 1.1 以降を使用して構築されたすべてのアプリケーションでは、<supportedRuntime> 要素を使用する必要があります。 ランタイムのバージョン 1.0 をサポートするアプリケーションでは、<requiredRuntime> 要素を使用する必要があります。

useLegacyV2RuntimeActivationPolicy 属性

この属性は、アプリケーションで CorBindToRuntimeEx 関数などのレガシ アクティブ化パスが使用されていて、それらのパスで CLR の以前のバージョンではなくバージョン 4 をアクティブ化したい場合や、アプリケーションは .NET Framework 4 でビルドされているが、以前のバージョンの .NET Framework でビルドされた混合モードのアセンブリに対する依存関係がある場合に便利です。 これらのシナリオでは、この属性を true に設定します。

Note

この属性を true に設定すると、CLR 1.1 または CLR 2.0 が同じプロセスにロードされなくなり、実質的にインプロセス サイドバイサイド機能が無効になります (「COM 相互運用機能の side-by-side 実行」を参照してください)。

ランタイムのバージョンを構成ファイルで指定する例を次に示します。

<!-- When used with version 1.0 of the .NET Framework runtime -->
<configuration>
   <startup>
      <requiredRuntime version="v1.0.3705" safemode="true"/>
   </startup>
</configuration>
<!-- When used with version 1.1 (or later) of the runtime -->
<configuration>
   <startup>
      <supportedRuntime version="v1.1.4322"/>
      <supportedRuntime version="v1.0.3705"/>
   </startup>
</configuration>

関連項目