データベース スキーマ情報の取得

データベースからのスキーマ情報の取得は、スキーマの検出プロセスによって行われます。 スキーマの検出により、アプリケーションでは、特定のデータベースのデータベース スキーマ ("メタデータ" とも呼ばれます) に関する情報を検索して返すように、マネージド プロバイダーに要求できます。 テーブル、列、ストアド プロシージャなどの各種のデータベース スキーマ要素は、スキーマ コレクションを通じて公開されます。 各スキーマ コレクションには、使用されているプロバイダーに固有の各種のスキーマ情報が含まれています。

各 .NET Framework マネージド プロバイダーでは、Connection クラスの GetSchema メソッドが実装されていて、GetSchema メソッドから返されるスキーマ情報は、 という形式になります。 GetSchema メソッドはオーバーロードされたメソッドであり、オプションのパラメーターで、取得するスキーマ コレクションを指定し、返される情報の量を制限することができます。

OLE DB、ODBC、Oracle、SqlClient 用の .NET Framework データ プロバイダーで提供されている GetSchemaTable メソッドでは、DataReader の列のメタデータを表す DataTable が返されます。

.NET Framework Data Provider for OLE DB では、GetOleDbSchemaTable オブジェクトの OleDbConnection メソッドを使ってスキーマ情報を公開します。 GetOleDbSchemaTable は、引数として、返すスキーマ情報を識別する と、返された列に対する制限の配列を受け取ります。 GetOleDbSchemaTable では、要求したスキーマ情報が格納されている が返されます。

このセクションの内容

GetSchema およびスキーマ コレクション
GetSchema メソッドと、このメソッドを使ってデータベースからスキーマ情報を取得して制限する方法について説明します。

スキーマの制限
GetSchema で使用できるスキーマの制限について説明します。

共通のスキーマ コレクション
すべての .NET Framework マネージド プロバイダーでサポートされる共通のスキーマ コレクションについて説明します。

SQL Server スキーマ コレクション
.NET Framework Provider for SQL Server でサポートされるスキーマ コレクションについて説明します。

Oracle スキーマ コレクション
.NET Framework Provider for Oracle でサポートされるスキーマ コレクションについて説明します。

ODBC スキーマ コレクション
ODBC ドライバーのスキーマ コレクションについて説明します。

OLE DB スキーマ コレクション
OLE DB プロバイダーのスキーマ コレクションについて説明します。

関連項目

GetSchema
クラスの GetSchema メソッドについて説明します。

GetSchema
クラスの GetSchema メソッドについて説明します。

GetSchema
クラスの GetSchema メソッドについて説明します。

GetSchema
クラスの GetSchema メソッドについて説明します。

GetSchema
クラスの GetSchema メソッドについて説明します。

GetSchemaTable
クラスの GetSchemaTable メソッドについて説明します。

GetSchemaTable
クラスの GetSchemaTable メソッドについて説明します。

GetSchemaTable
クラスの GetSchemaTable メソッドについて説明します。

GetSchemaTable
クラスの GetSchemaTable メソッドについて説明します。

GetSchemaTable
クラスの GetSchemaTable メソッドについて説明します。

関連項目