次の方法で共有


正規表現におけるスレッド セーフ

Regex クラス自体はスレッド セーフであり、変更できません (読み取り専用)。 つまり、Regex オブジェクトは任意のスレッドで作成できます。また、スレッド間で共有できます。一致するメソッドは任意のスレッドから呼び出すことができますが、グローバルな状態を変更することはできません。

ただし、Regex から返された結果オブジェクト (MatchMatchCollection) は、単一のスレッドで使用する必要があります。 これらのオブジェクトの多くは、論理的に変更できませんが、実装によってパフォーマンスを改善するために一部の結果の演算を遅延させることができます。結果として、呼び出し側はオブジェクトに対するアクセスをシリアル化する必要があります。

複数のスレッドで Regex オブジェクトを共有する必要がある場合、同期されたメソッドを呼び出すことで、それらのオブジェクトはスレッドセーフ インスタンスに変換できます。 列挙子の例外はありますが、すべての正規表現クラスはスレッド セーフです。または、同期されたメソッドでスレッドセーフ オブジェクトに変換することができます。

列挙子は唯一の例外です。 アプリケーションはコレクション列挙子に対する呼び出しをシリアル化する必要があります。 複数のスレッドでコレクションを同時に列挙できる場合、列挙子によってスキャンされるコレクションのルート オブジェクト上の列挙子メソッドを同期する必要があります。

関連項目