-warnaserror (Visual Basic)

コンパイラで、最初に発生した警告がエラーとして扱われます。

構文

-warnaserror[+ | -][:numberList]  

引数

項目 定義
+ | - 任意。 既定では -warnaserror- は有効です。警告が発生しても、コンパイラは出力ファイルを生成します。 -warnaserror オプションは -warnaserror+ と同じで、警告がエラーとして扱われます。
numberList 任意。 -warnaserror オプションを適用する、警告 ID 番号のコンマ区切りのリスト。 警告 ID が指定されていない場合、-warnaserrorオプションはすべての警告に適用されます。

Remarks

-warnaserror オプションで、すべての警告がエラーとして扱われます。 通常は警告として報告されるすべてのメッセージが、代わりにエラーとして報告されます。 コンパイラは、後続の同じ警告の発生を警告として報告します。

既定では -warnaserror- が有効であり、警告は情報提供のみになります。 -warnaserror オプションは -warnaserror+ と同じで、警告がエラーとして扱われます。

いくつかの特定の警告のみをエラーとして扱う場合は、エラーとして扱う警告番号のコンマ区切りのリストを指定できます。

Note

-warnaserror オプションでは、警告の表示方法は制御されません。 -nowarn オプションを使用して警告を無効にします。

-warnaserror を設定し、Visual Studio IDE ですべての警告をエラーとして扱う
1. ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを選択します。 [プロジェクト] メニューの [プロパティ] をクリックします。
2. [コンパイル] タブをクリックします。
3. [すべての警告を表示しない] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。
4. [すべての警告をエラーとして扱う] チェック ボックスをオンにします。
-warnaserror を設定し、Visual Studio IDE で特定の警告をエラーとして扱う
1. ソリューション エクスプローラーでプロジェクトを選択します。 [プロジェクト] メニューの [プロパティ] をクリックします。
2. [コンパイル] タブをクリックします。
3. [すべての警告を表示しない] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。
4. [すべての警告をエラーとして扱う] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。
5. エラーとして扱う警告の隣にある [通知] 列から [エラー] を選択します。

例 1

次のコードは In.vb をコンパイルし、最初に見つけたすべての警告をエラーとして表示するようにコンパイラに指示します。

vbc -warnaserror in.vb  

例 2

次のコードは T2.vb をコンパイルし、使用されていないローカル変数 (42024) に向けた警告のみをエラーとして扱います。

vbc -warnaserror:42024 t2.vb  

関連項目