ページをよりすばやく開く

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
エンド ユーザー、自動的 この機能はリリース済みです。 2020 年 2 月 1 日 この機能はリリース済みです。 2020 年 4 月 1 日

ビジネス バリュー

ビジネス ユーザーは、タスクを完了するためにページ間を移動するとき、ページとダイアログ ボックスがすばやく読み込まれることを期待します。

機能の詳細

ユーザーは、頻繁に使用するページが前より速く開くようになったことがわかります。 最初にページの構造が表示され、データが読み込まれるまでのコンテキストが示されます。

技術的には、レンダリングされたページは、最初に開かれたときにキャッシュされるようになりました。 これを行うために、ビジネス データや機密情報がユーザーのデバイスに永続化されることはありません。 次にページが開いたときに、サービスから最新のデータがフェッチされている間、キャッシュからすぐにレンダリングされます。

  • Update 16.0 では、ユーザーのセッションの間、ページがキャッシュされます。 ユーザーは、サインインしたままの状態でのみ、パフォーマンス向上のメリットを得られます。
  • Update 16.3 では、セッション間でページをキャッシュすることで機能を改善します。 ユーザーは、別のブラウザー タブで Business Central を開いた場合や、ブラウザーを閉じたりサインアウトした後に再度サインインした場合にも、読み込み時間が改善されるというメリットがあります。

サービスからのデータの取得でビジーな間、Business Central には、データがまだ読み込まれていないことを示す独特な脈動 UI 要素が表示されます。

UI には、独特の脈動視覚化要素が表示されます

これは、リスト、ワークシート、カード、およびドキュメントのすべてのページではなく一部に適用されます。

試してみましょう

オンライン環境にサインインして、さまざまな売上請求書を開くときなど、ページを開く時間の改善を体験してください。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。

関連項目

開発者向けのパフォーマンス記事 (ドキュメント)