フィルター式の向上

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
エンド ユーザー、自動的 この機能はリリース済みです。 2020 年 2 月 1 日 この機能はリリース済みです。 2020 年 4 月 1 日

ビジネス バリュー

ビジネスが成長するにつれて、データベース内のテーブル データも増加し、適切なツールがないとデータの分析やレコードの検索を迅速に行うことが困難になります。 完全なフィルターのセットを定義することは、時間がかかる反復的なプロセスである場合があります。フィルターを維持することができれば、次に必要なときにそれらを作り直さなければならない時間を節約できます。

機能の詳細

Business Central の 2019 年リリース ウェーブ 2 では、ユーザーがレガシ Web クライアントでフィルターをビューとして永続的に保存できるようにすることで、よく使用されるフィルターを作り直す必要がなくなりました。 コミュニティのフィードバックに基づいて、現在はフィルターのエクスペリエンスをさらに改善しています。

日付範囲やフィルター トークンなどの式を使用するフィルターを作成するときに、フィルター フィールドを切り替えて、式または対応する値を表示できます。 式をもう一度表示するには、キーボードまたはマウスを使用してフィルター フィールドにフォーカスを設定するだけです。 この機能は以下に適用されます。

  • リストに対するフィルター。 これは、リスト ビューを保存するときに特に便利であり、日付や時間に依存する式を必要に応じて簡単に変更できます。
  • レポート要求ページ、XMLPort 要求ページ、および類似のフィルター画面上のフィルターに対するフィルター。

値としての 1 つのフィルター式と編集中の別の式を表示するフィルター処理されたリスト

試してみましょう

オンライン環境にログインして、アイテム リストなどのフィルター式の設定と編集を体験してください。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcIdeas) をご利用ください。

関連項目

リスト ビューの保存とパーソナライズ (ドキュメント)