デバッグ時にユーザー セッションにアタッチする

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
管理者、作成者、マーケティング担当者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される 2020 年 10 月 1 日 2020 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

現在、Visual Studio Code AL デバッガーでデバッグするときに、ユーザー セッションにアタッチできないことが、ユーザーとユーザーのアクセス許可に依存する問題のトラブルシューティングを困難にしています。 この機能を使用すると、新しいスナップショット デバッグ機能の一部としてアクティブなユーザー セッションにアタッチできます。

機能の詳細

トラブルシューティングに新しいスナップショット機能を使用する場合、既存のユーザー セッションだけでなく、特定のユーザーの次のセッションにもアタッチできます。 これは、Business Central 2020 年リリース サイクル 2 の一般提供でスナップショット デバッグを使用する場合のサンドボックスでサポートされており、スナップショットが有効になると運用環境でも使用できるようになります (マイナー更新で使用可能になることが予想されます)。

注意

現時点では、この機能はスナップショット (プレビューではサンドボックスにのみ導入されます) を使用する場合にのみサポートされ、通常のデバッガーではサポートされません。

アイデアをありがとうございます

このアイデアをお送りいただき、ありがとうございました。 アイデア、コメント、投票を参考に、製品のロードマップに追加するものを決定しています。

関連項目

スナップショットのデバッグ (ドキュメント)