拡張機能のインストール/アップグレード コードのデバッグ

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
管理者、作成者、マーケティング担当者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される 2020 年 9 月 1 日 2020 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

現在、ブレークポイントを追加して新しいアプリケーションをデプロイするだけでは、拡張機能のインストール/アップグレード コードをデバッグすることはできません。 代わりに、インストール/アップグレード コードを手動でトリガーし、場合によってはアップグレード タグなどをコメント アウトするための回避策が必要ですが、これにより開発中にインストールとアップグレードを適切にテストし、問題のトラブルシューティングを行うのが面倒になります。

機能の詳細

この機能を使用して、インストールまたはアップグレード コードにブレークポイントを設定し、拡張機能をアタッチまたはその公開をトリガーして、インストールまたはアップグレード コードをデバッグできます。

アイデアをありがとうございます

このアイデアをお送りいただき、ありがとうございました。 アイデア、コメント、投票を参考に、製品のロードマップに追加するものを決定しています。