統合レコードと統合管理を無効にする

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、管理者、作成者、またはアナリストによる有効化/構成が必要 2020 年 9 月 8 日 2020 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

Business Central API、Microsoft Dataverse と Dynamics 365 Sales の統合、OCR 同期、および重複する連絡先の検索は統合レコードと統合管理に大きく依存しており、データベース操作の数が多いと、パフォーマンスのボトルネックになる場合があります。 テナントのパフォーマンスを改善するために、統合レコードと統合管理を無効にして、代わりにシステム フィールドを使用できます。

Business Central テナント向けのパートナーの拡張機能とアプリを念頭に置きました。 拡張機能とアプリは依然として統合レコードと統合管理に依存している可能性があるため、管理者は、パートナーの拡張機能とアプリがそれらを必要としなくなるまで新機能の有効化を待つことができます。

機能の詳細

統合レコードと統合管理の代わりにシステム フィールドの使用を開始するプロセスは、Business Central テナントが新規、既存、またはアップグレードのいずれであるかによって異なります。

新しい Business Central テナント

新しいテナントの場合、統合レコードと統合管理は既定で無効になっています。

既存およびアップグレードされたテナント

既存またはアップグレードされたテナントでは、統合レコードと統合管理を手動で無効にできます。 機能管理 ページで、パフォーマンス - 統合管理と統合レコード生成を無効にする を選択し、有効対象 列で すべてのユーザー を選択できます。 Business Central は統合レコードの作成を停止するので、レコード ロックの数が減り、データベース操作が少なくなるためパフォーマンスが向上します。

注意

テナントで実行されている Business Central 拡張機能またはアプリに systemId、systemModifiedAt、systemCreatedAt などのシステム フィールドが含まれるようになり、統合レコードと統合管理が機能する必要がなくなったかどうかを Microsoft パートナーに確認してください。

パートナーの拡張機能を有効にする

パートナーの拡張機能またはアプリで統合レコードまたは統合管理機能が使用されている場合は、機能スイッチをオフにする必要があります。 これを行うには、機能管理 ページで、パフォーマンス - 統合管理と統合レコード生成を無効にする を選択し、有効対象 列で なし を選択します。

注意

この機能は、2020 年リリース サイクル 2 で Business Central のすべてのお客様に対して標準で有効にできます。 オプションである機能を有効にするには、オンライン環境にサインインし、機能管理を開きます。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。

アイデアをありがとうございます

このアイデアをお送りいただき、ありがとうございました。 アイデア、コメント、投票を参考に、製品のロードマップに追加するものを決定しています。