'with' の暗黙的および明示的な使用の廃止

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
管理者、作成者、マーケティング担当者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される 2020 年 8 月 1 日 2020 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

完全に修飾する代わりにシンプルな名前だけを使用してメンバーを操作できるようにする with を使用すると、複数の拡張機能が同じオブジェクトに寄与する場合に一意性の衝突が発生する可能性があります。 今後これを回避するために、with の暗黙的または明示的 (with キーワードを使用) な使用は警告としてマークします。 さらに、ファイルを修正するためのクイック アクションを追加し、現時点では廃止の警告を抑制します。 ある時点でこれをエラーに変更するので (最短で一般提供から 1 年後)、使用のリファクタリングが必要になります。

機能の詳細

この機能の詳細なチュートリアルについては、次の説明を参照してください: 有無は問題ではない

関連項目

ステートメントでの明示的および暗黙的な with の非推奨 (ドキュメント)