Business Central パフォーマンス ツールキット

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
管理者、作成者、マーケティング担当者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される 2020 年 9 月 8 日 2020 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

Business Central パフォーマンス ツールキットは、ソリューションの異なるビルド間のパフォーマンスを追跡および比較して、コードの変更が顧客のテナントのパフォーマンスに悪影響を与えないようにするのに役立ちます。

機能の詳細

Business Central は多くの場合、スケーラブルなプラットフォームとして機能し、ISV と VAR はそこで特定の顧客に垂直的なソリューションとカスタマイズを提供します。パフォーマンス レベルを高く保つことは、すべての人の利益になります。 ISV のソリューションやカスタマイズのメジャー アップデートとマイナー アップデートで顧客テナントのパフォーマンスを維持し、最新に保つには、コードの変更がパフォーマンスに悪影響を及ぼさないようにする必要があります。 Business Central パフォーマンス ツールキットは、ソリューションの複数のビルド間でパフォーマンスを追跡および比較するのに役立ちます。

新しい顧客 (特に大規模な顧客) に対して Business Central へのオンボーディングを行う際には、Business Central が現在の負荷や今後予測される負荷に対応できるということや、それによってビジネス ニーズに対応できるということを、パートナーと顧客の両方に示し、信頼してもらう必要があります。 Business Central パフォーマンス ツールキットでは、パートナーがそれらの負荷をシミュレートし、Business Central で特定の顧客の負荷をサポートできるということについて、自信を持つことができます。

Business Central パフォーマンス ツールキットは、Business Central パフォーマンス ツールキットと Business Central パフォーマンス ツールキット サンプルという 2 つの拡張機能としてツールをパートナーに提供します。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。

関連項目

パフォーマンス ツールキットの拡張機能 (ドキュメント)