スナップショット - 運用環境でのトラブルシューティング

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
管理者、作成者、マーケティング担当者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される 2020 年 10 月 1 日 2021 年 1 月 11 日

ビジネス バリュー

再販業者/VAR の一般的なサポート シナリオは、コード内の問題の原因と場所を特定するためのトラブルシューティングが必要なソリューションの問題について、顧客から連絡を受けることです。

運用データのコピーを使用してサンドボックスを作成し、そこで顧客の運用テナントに影響を与えずにプログラム フローをデバッグ/停止することはサポートされていますが、場合によっては、顧客がブロックされ、複製環境をプロビジョニングし、そこで問題を再現するために必要な時間がなく、パートナーが問題の調査と解決に大きな時間の圧力をかけられます。

これに対処するために、Visual Studio Code AL デバッガーを運用テナントにアタッチして、コード実行のスナップショットを取得する機能を導入しています。これにより、正確な再現手順について迅速な調査と顧客とのコラボレーションが可能になります。

機能の詳細

新しいスナップショット機能を使用すると、次のことができます。

  • コード内にスナップポイントを設定します。
  • 新しいスナップショット アタッチ構成を作成します。 これは、Web クライアント、Web API、またはバックグラウンド セッションにすることができます (ユーザー ID またはセッション ID を指定します。選択 UI はまだありません)。
  • スナップショット モードで環境にアタッチします。
  • スナップポイントをトリガーするための再現手順を実行します。
  • 複製完了後に Visual Studio Code でスナップポイントをダウンロードします。
  • Visual Studio Code で、スタック トレース/プログラム実行とスナップポイントでの変数をオフラインで検査します。

以下に注意してください。

  • アクセスには新しいアクセス許可が必要であり、ユーザー セッションの場合、スナップショットのキャプチャが行われることについてユーザーに警告が表示されます。
  • スナップショットは個別の時点であるため、通常、スナップショットの取得には数回のラウンドトリップが必要になる可能性があります (スナップショットは通常のデバッグの場合と同様にインタラクティブには取得されず、新しいスナップポイントが追加されたときに新しいユーザー フローの記録が必要になります)。
  • サンドボックス環境では、依然として、実際のブレークポイントを設定し (セッションでプログラムの実行を停止)、コードをステップ実行する必要があります。

重要

Business Central 2020 年リリース サイクル 2 のリリース時に、上記のスナップショット機能がプレビューおよびサンドボックス環境でのみ使用可能になります。 ここでは、特定のセッションにアタッチする機能を提供することを除いて、値は通常のデバッガーよりも小さくなります。 テストが完了すると、最初のマイナー更新の 1 つで運用環境に対して有効になることが予想されます。

運用環境でのスナップショットは、v17.2 以降で有効になっています。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。

アイデアをありがとうございます

このアイデアをお送りいただき、ありがとうございました。 アイデア、コメント、投票を参考に、製品のロードマップに追加するものを決定しています。

関連項目

スナップショットのデバッグ (ドキュメント)