使いやすさを向上させるために、ナビゲーション エクスペリエンスの用語を更新する

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2020 年 8 月 4 日 2020 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

機能やファンクションの明確で正確な名前付けは、オンライン コンピューター システムを使用するすべての人にとって重要です。 これは、トレーニング、オンボード、日常業務に役立ちます。 一部の用語は製品の以前のバージョンに歴史的なルーツを持つことがありますが、私たちは常に進化し、受け取ったフィードバックを実行する必要があります。

機能の詳細

お客様によると、いくつかの明確化によって製品でのナビゲーションに関するエクスペリエンスと用語にメリットがもたらされます。 以前のリリースでこのエクスペリエンスを改善し、Business Central 2020 年リリース サイクル 2 ではこの取り組みを継続しています。 ナビゲーション メニューやアクション バーなどのさまざまなナビゲーション エクスペリエンスを顧客の期待に近づけることで、サービスの使いやすさを向上させました。

関連販売請求書

より具体的には、次のとおりです:

  • アクション バーのレベル上げされていないグループの名前が「関連」に変更されました。
  • Report というグループ名は Reports に変更されました。
  • 以前は [移動] と呼ばれていたアクションが [エントリの検索] になり、キーボード ショートカット (Ctrl+Shift+I) が追加され、TellMe で検索できるようになりました。

エントリの検索 (以前は「移動」と呼ばれていました)

関連項目

Business Central での作業 (ドキュメント)