一般会計勘定の転記集計の拡張 (請求書転記 バッファーのリファクタリング)

重要

This content is archived and is not being updated. For the latest documentation, go to What's new and planned for Dynamics 365 Business Central. For the latest release plans, go to Dynamics 365 and Microsoft Power Platform release plans.

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2021 年 10 月 1 日 -

ビジネス バリュー

さまざまな国や業界の規制、および顧客の商慣行により、総勘定元帳エントリが転記中に集計される方法の変更が必要になる可能性があります。

機能の詳細

請求書転記 バッファー テーブルは、G/L 転記への変更が必要な場合、または総勘定元帳に転記するときに G/L エントリを別の方法で集計する必要がある場合に、ローカリゼーションとパートナーのカスタマイズの中心になりました。 このテーブルの主キーは、パートナー ソリューションとローカリゼーション全体に破壊的変更を導入しないと変更できないため、以前の設計を拡張することはできません。 このテーブルには、特に APAC、BE、ES、IT、NA、RU のローカライズ間で大きな違いがあるため、ローカライズを拡張機能へ抽出することが困難になっています。

このリファクタリングにより、販売、購入、およびサービス トランザクションの転記プロセスが拡張可能になり、パートナーは、転記アルゴリズムによって G/L エントリが集計される方法を (たとえば、特定の伝票明細行、転記グループ、または現地の法律で要求される税設定などで) 変更できます。 パートナーは、G/L 請求書転記のインターフェイスを使用してカスタマイズを置き換え、請求書転記の従来の問題を解決することができます。 テーブルをバッファー処理し、G/L 請求書転記の独自の実装を使用します。

ベース アプリケーションの請求書転記バッファー テーブルから依存関係を削除し、実装設定用のインターフェイスと拡張可能な列挙型を備えた請求書転記コンポーネントを構築しました。

注意

現在、この機能は開発者のみが使用可能であり、運用環境ではまだ有効にできません。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。

アイデアをありがとうございます

このアイデアをお送りいただき、ありがとうございました。 アイデア、コメント、投票を参考に、製品のロードマップに追加するものを決定しています。