Business Central と Microsoft Dataverse の統合における複数レコードの同期の効率化

重要

This content is archived and is not being updated. For the latest documentation, go to What's new and planned for Dynamics 365 Business Central. For the latest release plans, go to Dynamics 365 and Microsoft Power Platform release plans.

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2021 年 9 月 1 日 2021 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

Business Central と Microsoft Dataverse の間で交換されるデータがスケジュールに基づいて同期されます。 場合によっては、アドホック ベースで複数のレコードを手動で作成、同期、または復元することが必要なときがあります。 この機能は、このような場合に実行される同期ジョブの数を減らし、複数のレコードの同期を高速化するとともに、ユーザーの生産性を高めます。

機能の詳細

ユーザーが数百件の顧客や連絡先のような複数のレコードを選択すると、選択したレコードのバッチごとに Business Central で単一の同期ジョブが作成されます。 これにより、バックグラウンド ジョブを実行するタスク スケジューラの負荷が大幅に軽減され、ユーザーはキュー エントリを制限以下に維持することが容易になります。 選択したレコードのバッチを同期するこの新しい方法では、バッチがより小さなサイズで処理されるようにすることで、Dataverse 要求の制限も考慮されます。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。

関連項目

同期するテーブルとフィールドのマッピング (ドキュメント)