ジョブ キュー エントリの障害に対する回復性の強化

重要

This content is archived and is not being updated. For the latest documentation, go to What's new and planned for Dynamics 365 Business Central. For the latest release plans, go to Dynamics 365 and Microsoft Power Platform release plans.

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2021 年 10 月 1 日 2021 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

ユーザーはジョブが後で実行されるようにスケジュールを立て、Business Central によって確実に実行されるように設定できます。

ジョブにエラーがある場合は、ユーザーがアクションを取ることができるように、テレメトリのエラーについて通知されます。

機能の詳細

ジョブ キューのタスクは、テナントごとの拡張機能のアップグレード、SQL 接続の不安定性、外部サービスのタイムアウト、ロックなど、さまざまな理由で中断される可能性があります。

以前は、ジョブ キュー エントリの実行中に例外が発生すると、エラーの codeunit は同じセッションですぐに実行されていました。 ただし、場合によってはこのセッションを使用できないことがあり、エラーの codeunit を実行できませんでした。

このリリースでは、次の機能を追加しました。

  • タスク スケジューラ/ジョブキュー用の新しい例外ロジック処理。
  • エラーの codeunit が別のセッションですぐに実行されます。 エラーが発生し、かつその例外が再試行可能な場合は、後で再度実行するようにスケジュールが設定されます。 成功するか、許可されている最大試行回数に達するまで、再実行が継続されます。
  • ジョブ キューが新しいタスク スケジューラの実装を使用します。

関連項目

ジョブ キュー (ドキュメント)