環境の過剰なバックグラウンド セッションから Business Central Server を保護する

重要

This content is archived and is not being updated. For the latest documentation, go to What's new and planned for Dynamics 365 Business Central. For the latest release plans, go to Dynamics 365 and Microsoft Power Platform release plans.

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2021 年 10 月 1 日 2021 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

AL コードから開始されるセッションの作成にシステム保護制限を設定すると、Business Central Server とサービスがより安定します。 1 つの環境で多数のセッションが開始される場合でも、同じサーバーで実行されている他の環境 (またはセッションを開始した環境) の安定性には影響しません。

機能の詳細

Business Central Server では、複数のバックグラウンド セッションを同時に処理できます。 子セッションと同様に、Business Central Server は、環境の過剰なバックグラウンド セッション数から保護されます。 超過したバックグラウンド セッションは、時間枠が空いたときに処理するためにキューに送信できます。 バックグラウンド セッションを制御するために、Business Central Server には、環境ごとに設定される次の構成設定が含まれるようになりました。

  • サーバー インスタンスで同時にアクティブに処理できるバックグラウンド セッションの最大数。
  • キュー内で処理を待機できるバックグラウンド セッションの最大数。
  • バックグラウンド セッションがキュー内で処理を待機できる最大時間。

関連項目

非同期処理の設定 (ドキュメント)