廃止されたレポート 204、205、206、および 207 を削除する

重要

This content is archived and is not being updated. For the latest documentation, go to What's new and planned for Dynamics 365 Business Central. For the latest release plans, go to Dynamics 365 and Microsoft Power Platform release plans.

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2021 年 9 月 1 日 2021 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

新しいバージョンを優先して、いくつかのレポートを削除しました。 Microsoft Word のレイアウトに基づくレポートを使用することにより、カスタマイズがより簡単でより迅速に生成できるモダンなレポート レイアウトをご利用いただけます。 請求書や注文などの外部向けのドキュメントが、この切り替えの恩恵を受けます。

機能の詳細

2021 年リリース サイクル 1 の前に、複数のレポートを新しいバージョンに置き換えることを計画していると発表しましたが、現在、最後のクリーンアップを行っています。 2021 年リリース サイクル 1 は、次のレポートを利用できる最後のリリースでした。

非推奨のレポート 推奨レポート
204 営業 - 見積もり 1304 営業 - 見積もり
205 注文の確認 1305 営業 - 確認
206 営業 - 請求書 1306 営業 - 請求書
207 営業 - クレジット メモ 1307 営業 - クレジット メモ

非推奨のレポートをまだ 1 つ以上使用している場合は、次のアクションを実行してください。

  1. 推奨レポートの使用を開始します。 これらは Word レイアウトをサポートしています。
  2. 非推奨のレポートをカスタム範囲にクローンし、クローンされたレポートに切り替えます。

自分の会社で古いレポートが使用されているかどうかを確認する方法

レポートの選択 – 営業

レポートの選択 – 営業 を検索し、見積もり注文、および クレジット メモ で使用するように構成されているレポートを確認します。

顧客レポートのレイアウト

カスタム レポートの選択 テーブル (オブジェクト ID 9657) の内容を調べます。 詳細については、「クライアントからテーブル オブジェクトを直接表示する」を参照してください。

これらのレポートを使用している顧客がわかったら、影響を受ける顧客ごとに ドキュメント レイアウト ページでレポートを置き換えるか、構成パッケージを使用して一括更新できます。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。