倉庫ドキュメント内のシリアル番号で追跡される品目で代替測定単位をサポートする

重要

This content is archived and is not being updated. For the latest documentation, go to What's new and planned for Dynamics 365 Business Central. For the latest release plans, go to Dynamics 365 and Microsoft Power Platform release plans.

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2021 年 9 月 1 日 2021 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

シリアル番号で追跡される品目について、在庫ピックと在庫プットアウェイに代替測定単位がサポートされるようになりました。

機能の詳細

このリリースでは、品目の追跡、代替測定単位の割り当て、基本的な倉庫管理の機能の間にドットを接続して、シリアル番号で追跡される品目の在庫ピックと在庫プットアウェイをサポートします。 次のシナリオは、新しい機能を示しています。

  1. 品目追跡コード を作成し、SN 固有の追跡SN 倉庫固有の追跡 の両方を有効にします。 詳細については、「シリアル番号、ロット番号、パッケージ番号でアイテムを追跡する」を参照してください。
  2. 新しい品目を作成し、品目追跡コードをそれに割り当てます。 また、品目の代替測定単位を作成します。 詳細については、「複数の品目の測定単位を設定するには」を参照してください。
  3. プットアウェイが必要な場所の発注書を作成してリリースします。
  4. 在庫プットアウェイを作成します。

Business Central により在庫プットアウェイが作成され、発注書の行が複数の行に自動的に分割されて、倉庫の従業員が品目のシリアル番号を入力できるようになります。 また、Business Central により、ピックを作成するときに元伝票も分割されます。 以前のバージョンでは、これらのシナリオは基本測定単位に対してのみ機能していました。

関連項目

シリアル番号、ロット番号、パッケージ番号での品目の追跡を設定する (ドキュメント)