次の方法で共有


Microsoft Entra ID での日本のお客様の顧客データ ストレージ

Microsoft Entra ID の顧客データは、お客様が Microsoft オンライン サービスにサインアップしたときに指定した国/リージョンに基づいて地理的な場所に保存されます。 Microsoft オンライン サービスには、Microsoft 365 や Azure があります。

Microsoft Entra ID およびその他の Microsoft サービスのデータが配置される場所の詳細については、Microsoft トラスト センターのお客様のデータの場所に関するセクションを参照してください。

また、一部の Microsoft Entra 機能では、日本での顧客データの格納がまだサポートされていません。 たとえば、Microsoft Entra 多要素認証 (MFA) では、顧客データが米国に格納され、グローバルに処理されます。 詳細については、「Microsoft Entra 多要素認証のデータ所在地と顧客データ」を参照してください。

Note

Microsoft Entra ID と統合される Microsoft の製品、サービス、およびサードパーティのアプリケーションは、顧客データにアクセスできます。 使用する製品、サービス、アプリケーションをそれぞれ評価して、その特定の製品、サービス、アプリケーションによる顧客データの処理方法を確認し、それらが会社のデータ ストレージ要件を満たしているかどうかを判断してください。 Microsoft サービスのデータ保存場所の詳細については、Microsoft セキュリティ センターのデータの「お客様のデータの場所保存」セクションを参照してください。

Azure ロールベースのアクセス制御 (Azure RBAC)

リソースを作成したリージョンに関係なく、リソースにアクセスできるように、ロールの定義、ロールの割り当て、および拒否の割り当ては、グローバルに保存されます。 詳細については、Azure ロールベースのアクセス制御 (RBAC) (Azure RBAC) の概要に関するページを参照してください。