次の方法で共有


アプリケーションの同意の管理と同意要求の評価

Microsoft では、ユーザーが検証された発行元からのアプリと選択したアクセス許可に対してのみ同意できるように、ユーザーの同意を制限することをお勧めします。 この基準を満たしていないアプリの場合、組織のセキュリティ チームと ID 管理者チームに意思決定プロセスが一元化されます。

ユーザーの同意を無効にしたり制限したりした後は、ビジネスクリティカルなアプリケーションの使用を引き続き許可し、組織のセキュリティを維持するために、いくつかの重要な手順を実行する必要があります。 これらの手順は、、組織のサポート チームと IT 管理者への影響を最小限に抑えるために、またサードパーティ製のアプリケーションにおける管理されていないアカウントの使用を制限するために不可欠です。

この記事では、検証済みの発行元と選択したアクセス許可へのユーザーの同意の制限など、アプリケーションへの同意の管理と Microsoft の推奨事項の同意要求の評価に関するガイダンスを提供します。 プロセスの変更、管理者向けの教育、監査と監視、テナント全体の管理者の同意の管理などの概念について説明します。

変更と教育を処理する

監査と監視

摩擦の軽減に関するその他の考慮事項

既に使用されている、信頼されたビジネス クリティカルなアプリケーションへの影響を最小限に抑えるには、許可するユーザーの同意が多いアプリケーションに管理者の同意を事前に許可することを検討してください。

  • サインイン ログまたは同意許可アクティビティに基づいて、使用率が高い組織に既に追加されているアプリのインベントリを取得します。 PowerShell スクリプトを使用すると、多数のユーザーの同意が許可されたアプリケーションをすばやく簡単に検出できます。

  • 上位のアプリケーションを評価して、管理者の同意を付与します。

    重要

    アプリケーションは、組織内の多くのユーザーが既に各自で同意している場合でも、テナント全体の管理者の同意を許可する前に慎重に評価してください。

  • 承認されたアプリケーションごとに、テナント全体の管理者の同意を付与し、ユーザー割り当てを要求してユーザー アクセスを制限を検討します。

テナント全体の管理者の同意を許可する際は、慎重に行う必要があります。 アクセス許可は、組織全体に代わって許可され、高度な権限を必要とする操作を試行するためのアクセス許可が含まれることがあります。 このような操作の例として、ロール管理、すべてのメールボックスまたはすべてのサイトへのフルアクセス、完全なユーザー偽装などがあります。

テナント全体の管理者の同意を許可する前に、許可するアクセス レベルに対して、アプリケーションとアプリケーションの発行元を信頼していることを確認することが重要です。 アプリケーションを制御しているユーザーと、アプリケーションがなぜアクセス許可を要求しているのか確信を持てない場合は、同意を許可しないでください

管理者の同意を与える要求を評価する場合に考慮すべき推奨事項を次に示します。

  • Microsoft ID プラットフォームでのアクセス許可と同意フレームワークについて理解する。

  • 委任されたアクセス許可とアプリケーションのアクセス許可の違いについて理解する。

    アプリケーションのアクセス許可を許可すると、アプリケーションはユーザーの介入を必要とせずに組織全体のデータにアクセスできます。 委任されたアクセス許可を使用すると、ある時点でアプリケーションにサインインしたユーザーの代わりにアプリケーションを操作できます。

  • 要求されているアクセス許可を理解します。

    アプリケーションによって要求されたアクセス許可は、同意プロンプトに一覧表示されます。 アクセス許可のタイトルを展開すると、アクセス許可の説明が表示されます。 アプリケーションのアクセス許可の説明には、通常、"サインインしているユーザーなしで" という語句が含まれます。委任されたアクセス許可の説明には、通常、"サインインしているユーザーの代わりに" という語句が含まれます。Microsoft Graph API のアクセス許可については、「Microsoft Graph のアクセス許可のリファレンス」を参照してください。 公開されるアクセス許可については、他の API のドキュメントを参照してください。

    要求されているアクセス許可を把握していない場合は、同意を許可しないでください

  • アクセス許可を要求しているアプリケーションとアプリケーションの発行元を把握します。

    他のアプリケーションに偽装している悪意のあるアプリケーションに注意してください。

    アプリケーションまたはその発行元の正当性が不明な場合は、同意を許可しないでください。 代わりに、確認を (たとえば、アプリケーションの発行元から直接) 取ります。

  • 要求されたアクセス許可が、アプリケーションに期待される機能と一致していることを確認します。

    たとえば、SharePoint サイト管理を提供するアプリケーションでは、すべてのサイト コレクションの読み取りに委任アクセスを求める場合がありますが、すべてのメールボックスへのフルアクセス、またはディレクトリ内の完全な借用権限が必要ない場合もあります。

    アプリケーションが必要以上のアクセス許可を要求していると思われる場合は、同意を許可しないでください。 詳細については、アプリケーションの発行元にお問い合わせください。

テナント全体の管理者の同意を Microsoft Entra 管理センターから許可する手順については、「アプリケーションに対してテナント全体の管理者の同意を付与する」を参照してください。

テナント全体の管理者の同意を取り消すには、以前にアプリケーションに付与されたアクセス許可を確認して、取り消すことができます。 詳細については、「アプリケーションに付与されるアクセス許可の確認」参照してください。 また、アプリケーションへのユーザーのサインインを無効にするか、アプリケーションを非表示にして、マイ アプリ ポータルに表示されないようにすることで、アプリケーションへのユーザーのアクセスを削除することもできます。

管理者は、組織全体に同意を許可するのではなく、Microsoft Graph API を使用して、1 人のユーザーに代わって委任されたアクセス許可に同意を許可することもできます。 Microsoft Graph PowerShell を使用した詳細な例については、「PowerShell を使用して 1 人のユーザーに代わって同意を許可する」を参照してください。

アプリケーションへのユーザー アクセスを制限する

テナント全体の管理者の同意が許可されている場合でも、ユーザーのアプリケーションへのアクセスは制限される可能性があります。 ユーザー アクセスを制限するには、アプリケーションへのユーザー割り当てを要求します。 詳細については、ユーザーとグループの割り当て方法に関するページを参照してください。 管理者は、すべてのアプリケーションに対して、将来のすべてのユーザー同意操作を無効にすることで、アプリケーションへのユーザー アクセスを制限できます。

その他の複雑なシナリオの処理方法などについての詳細な概要については、Microsoft Entra IDを使用したアプリケーション アクセス管理に関する記事を参照してください。

次のステップ