Share via


自動検出サービス

製品: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange 2013 の Exchange 自動検出サービスについて説明します。 Exchange 自動検出サービスの機能と動作と展開オプションについて説明します。

Microsoft Exchange 2013 には、自動検出サービスという名前のサービスが含まれています。 この記事では、サービスの概要と、サービスのしくみ、Outlook クライアントの構成方法、メッセージング環境に自動検出サービスを展開するためのオプションについて説明します。

自動検出サービスは、次のタスクを実行します。

  • Microsoft Office Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013、およびサポートされている携帯電話を実行しているクライアントのユーザー プロファイル設定を自動的に構成します。 Windows Mobile 6.1 以降のバージョンを実行している電話がサポートされています。 スマートフォンが Windows Mobile Phone でない場合は、携帯電話のドキュメントをチェックして、サポートされているかどうかを確認します。

  • Exchange メッセージング環境に接続されている Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントの Exchange 機能へのアクセスを提供します。

  • ユーザーのメール アドレスとパスワードを使用して、Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントとサポートされている携帯電話にプロファイル設定を提供します。 Outlook クライアントがドメインに参加している場合は、ユーザーのドメイン アカウントが使用されます。

自動検出サービスの概要

自動検出サービスを使用すると、Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 と一部の携帯電話を簡単に構成できます。 Office Outlook 2007 より前のバージョンの Outlook では自動検出サービスを使用できません。 以前のバージョンの Microsoft Exchange (Exchange 2003 SP2 以前) と Outlook (Outlook 2003 以前) では、Exchange にアクセスするためにすべてのユーザー プロファイルを手動で構成する必要がありました。 メッセージング環境に変更が発生した場合は、これらのプロファイルを管理するために追加の作業が必要でした。 それ以外の場合、Outlook クライアントは正常に機能しなくなります。

自動検出サービスを通じて、Outlook はユーザーのメールボックス GUID + @ + ユーザーのプライマリ SMTP アドレスのドメイン部分で構成される新しい接続ポイントを検索します。 自動検出 サービスは、次の情報をクライアントに返します。

  • ユーザーの表示名
  • 内部および外部接続用それぞれの接続設定
  • ユーザーのメールボックス サーバーの場所
  • 空き時間情報、ユニファイド メッセージング、オフライン アドレス帳などの機能を管理するさまざまな Outlook 機能の URL
  • Outlook Anywhere サーバーの設定

ユーザーの Exchange 情報が変更されると、自動検出サービスを使用してユーザーのプロファイルが自動的に再構成されます。 たとえば、ユーザーのメールボックスが移動された場合、またはクライアントがユーザーのメールボックスまたは使用可能な Exchange 機能に接続できない場合、Outlook は自動検出サービスに接続します。 ユーザーのプロファイルが自動的に更新され、メールボックスと Exchange の機能に接続するために必要な情報が含まれます。

自動検出サービスのしくみ

Exchange 2013 にクライアント アクセス サーバーをインストールすると、インターネット インフォメーション サービス (IIS) の既定の Web サイトの下に自動検出という名前の既定の仮想ディレクトリが作成されます。 この仮想ディレクトリは、次の状況で、Outlook 2007、Outlook 2010、および Outlook 2013 クライアントとサポートされている携帯電話からの自動検出サービス要求を処理します。

  • ユーザー アカウントが構成または更新されたとき
  • Outlook クライアントが Exchange Web サービス URL の変更を定期的にチェックする場合
  • 基になるネットワーク接続の変更が Exchange メッセージング環境で発生した場合

さらに、クライアント アクセス サーバーをインストールするサーバーに、サービス接続ポイント (SCP) という名前の新しい Active Directory オブジェクトが作成されます。

SCP オブジェクトには、そのフォレストの 自動検出 サービスの権限リストが含まれます。 Set-ClientAccessServer コマンドレットを使用して、SCP オブジェクトを更新できます。 詳細については、「 Set-ClientAccessServer」を参照してください。

重要

Set-ClientAccessServer コマンドレットを実行する前に、クライアント アクセス サーバーの認証済みユーザー アカウントに SCP オブジェクトの読み取りアクセス許可があることを確認します。 ユーザーが正しいアクセス許可を持っていない場合、アイテムを検索して読み取ることはできません。

SCP オブジェクトの詳細については、「 サービス接続ポイントを使用した発行」を参照してください。

外部アクセスの場合、または DNS を使用する場合、クライアントはユーザーの電子メール アドレスのプライマリ SMTP ドメイン アドレスを使用して、インターネット上の 自動検出 サービスの場所を特定します。

注:

DNS を使用して自動検出サービスを検出するには、Outlook クライアントの DNS にレコードを指定する必要があります。 詳細については、DNS の構成に関する Windows ドキュメントを参照してください。また、「 ホワイト ペーパー: Exchange 2007 自動検出サービス」も参照してください。

自動検出サービスが別のサイトで構成されているかどうかに応じて、自動検出サービスの URL は または https://autodiscover.<smtp-address-domain>/autodiscover/autodiscover.xmlのいずれかhttps://<smtp-address-domain>/autodiscover/autodiscover.xmlです。smtp-address-domain>< はプライマリ SMTP ドメイン アドレスです。 たとえば、ユーザーの電子メール アドレスが の場合、 tony@contoso.comプライマリ SMTP ドメイン アドレスは contoso.com。 クライアントが Active Directory に接続すると、クライアントはセットアップ中に作成された SCP オブジェクトを探します。 複数のクライアント アクセス サーバーを含むデプロイでは、クライアント アクセス サーバーごとに自動検出 SCP オブジェクトが作成されます。 SCP オブジェクトには、 という形式https://CAS01/autodiscover/autodiscover.xmlのクライアント アクセス サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を持つ ServiceBindingInfo 属性が含まれています。CAS01 はクライアント アクセス サーバーの FQDN です。 ユーザー資格情報を使用して、Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントが Active Directory に対して認証を行い、自動検出 SCP オブジェクトを検索します。 クライアントが自動検出サービスのインスタンスを取得して列挙した後、クライアントは列挙リスト内の最初のクライアント アクセス サーバーに接続し、ユーザーのメールボックスと使用可能な Exchange 機能に接続するために必要な XML データの形式でプロファイル情報を取得します。

自動検出サービスの展開オプション

自動検出サービスをデプロイし、正しく構成する必要があります。 これにより、Outlook 2007、Outlook 2010、Outlook 2013 の各クライアントが、オフライン アドレス帳、可用性サービス、ユニファイド メッセージング (UM) などの Exchange 機能に自動的に接続できるようになります。 自動検出サービスの展開は、Exchange サービス (可用性サービスなど) が Outlook 2007、Outlook 2010、または Outlook 2013 クライアントからアクセスできるようにする 1 つの手順にすぎません。

フォレスト間の移動に対する自動検出の構成

自動検出サービスは、Exchange フォレスト間で移動されたメールボックスの Outlook クライアントの接続にユーザー プロファイル情報を提供できます。 これを行うには、 New-MailUser コマンドレットを使用して、ユーザーのメールボックスが存在する元のフォレストとターゲット フォレストの両方で、メールが有効なユーザーを構成する必要があります。 ソース フォレストでは、コマンドレットの ExternalEmailAddress パラメーターを使用して、ターゲット フォレスト内のメールボックスの新しいメール アドレスを指定する必要があります。 詳細については、「 New-MailUser」を参照してください。

メールが有効なユーザーを構成すると、元のフォレストの自動検出サービスによって、認証ユーザーがターゲット フォレスト内の新しいメール アドレスにリダイレクトされます。 接続している Outlook クライアントは、メールボックスが移動されるターゲット フォレスト内のクライアント アクセス サーバーにリダイレクトされます。