次の方法で共有


FindMessageTrackingReport

FindMessageTrackingReport 要素は、検索するメッセージの種類の条件を指定します。

<FindMessageTrackingReport>
   <Scope/>
   <Domain/>
   <Sender/>
   <PurportedSender/>
   <Recipient/>
   <Subject/>
   <StartDateTime/>
   <EndDateTime/>
   <MessageId/>
   <FederatedDeliveryMailbox/>
   <DiagnosticsLevel/>
   <ServerHint/>
   <Properties/>
</FindMessageTrackingReport>

FindMessageTrackingReportRequestType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

Element 説明
Scope (NonEmptyStringType)
メッセージ追跡レポートの範囲を表します。
Domain (メッセージ追跡)
メッセージ追跡が実行されるドメインの名前を格納します。
Sender (EmailAddressType)
電子メール メッセージの送信者の連絡先情報が含まれます。
PurportedSender
電子メール メッセージの送信者の申し立てに関する連絡先情報が含まれます。
[受信者]
メッセージの受信者の電子メール アドレスが含まれます。
件名
電子メール メッセージの件名が含まれます。
StartDateTime
検索の開始日と時刻が含まれます。
EndDateTime
検索の終了日時が含まれます。
MessageId
検索のメッセージ識別子を格納します。
FederatedDeliveryMailbox
クロスプレミス メッセージが送信されたメールボックスの名前を格納します。
DiagnosticsLevel
診断レポートの詳細レベルを表します。
ServerHint
リモート サイトまたはフォレスト内のメッセージを追跡するための開始点を表します。
Properties (ArrayOfTrackingPropertiesType)
1 つ以上の追跡プロパティの一覧が含まれます。 この要素は省略できます。

親要素

なし。

テキスト値

なし。

注釈

この要素を記述するスキーマは、Exchange Web サービスをホストする IIS 仮想ディレクトリに置かれています。

要素の情報

要素
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/messages
スキーマ名
メッセージ スキーマ
検証ファイル
Messages.xsd
空に設定可能
False

関連項目

FindMessageTrackingReport 操作