次の方法で共有


ReplyAllToItem

ReplyToAllItem 要素には、Exchange ストア内のアイテムの送信者と特定されたすべての受信者に対する返信が含まれています。

<ReplyAllToItem>
   <Subject/>
   <Body/>
   <ToRecipients/>
   <CcRecipients/>
   <BccRecipients/>
   <IsReadReceiptRequested/>
   <IsDeliveryReceiptRequested/>
   <From/>
   <ReferenceItemId/>
   <NewBodyContent/>
   <ReceivedBy/>
   <ReceivedRepresenting/>
</ReplyAllToItem>

ReplyAllToItemType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

Element 説明
件名
Exchange ストア アイテムの subject プロパティを表します。
Body
メッセージの実際の本文の内容を表します。
ToRecipients
アイテムの受信者のセットが含まれます。 これらはアイテムの主要な受信者です。
CcRecipients
メッセージのコピーを受信する受信者のコレクションを表します。
BccRecipients
電子メール メッセージのブラインド カーボン コピー (Bcc) を受信する受信者のコレクションを表します。
IsReadReceiptRequested
アイテムの送信者が開封確認を要求するかどうかを示します。
IsDeliveryReceiptRequested
アイテムの送信者が配信確認を要求するかどうかを示します。
From
メッセージの送信元アドレスを表します。
ReferenceItemId
応答オブジェクトが参照する項目を識別します。
NewBodyContent
メッセージの新しい本文の内容を表します。
ReceivedBy
デリゲート アクセス シナリオでデリゲートを識別します。 この要素は、Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) で導入されました。
ReceivedRepresenting
デリゲート アクセス シナリオでプリンシパルを識別します。 この要素は、Exchange 2007 SP1 で導入されました。

親要素

要素 説明
AdjacentMeetings
会議時間に隣接するすべてのアイテムについて説明します。

この要素に対する XPath 式の一部を次に示します。

/CalendarItem/AdjacentMeetings
/MeetingRequest/AdjacentMeetings
/SetItemField/CalendarItem/AdjacentMeetings
/AppendToItemField/CalendarItem/AdjacentMeetings
/AcceptItem/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/AdjacentMeetings
/DeclineItem/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/AdjacentMeetings
/TentativelyAcceptItem/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/AdjacentMeetings
/UpdateItem/ItemChanges/ItemChange/Updates/SetItemField/CalendarItem/AdjacentMeetings
/UpdateItem/ItemChanges/ItemChange/Updates/AppendToItemField/CalendarItem/AdjacentMeetings
/CreateAttachmentResponseMessage/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/AdjacentMeetings
/GetAttachmentResponseMessage/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/AdjacentMeetings
ConflictingMeetings
会議時間と競合するすべてのアイテムについて説明します。

この要素に対する XPath 式の一部を次に示します。

/CalendarItem/ConflictingMeetings
/MeetingRequest/ConflictingMeetings
/SetItemField/CalendarItem/ConflictingMeetings
/AppendToItemField/CalendarItem/ConflictingMeetings
/AcceptItem/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/ConflictingMeetings
/DeclineItem/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/ConflictingMeetings
/TentativelyAcceptItem/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/ConflictingMeetings
/UpdateItem/ItemChanges/ItemChange/Updates/SetItemField/CalendarItem/ConflictingMeetings
/UpdateItem/ItemChanges/ItemChange/Updates/AppendToItemField/CalendarItem/ConflictingMeetings
/CreateAttachmentResponseMessage/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/ConflictingMeetings
/GetAttachmentResponseMessage/Attachments/ItemAttachment/CalendarItem/ConflictingMeetings
ResponseObjects
Exchange ストア内のアイテムに関連付けられているすべての応答オブジェクトのコレクションを格納します。
Items (NonEmptyArrayOfAllItemsType)
ParentFolderId (TargetFolderIdType) 要素によって識別されるフォルダー内に作成する項目の配列を格納します。

注釈

From 要素は、アイテムがデリゲートによる返信である場合は、プリンシパルの電子メール アドレスに設定する必要があります。 代理人が From プロパティを設定していない場合、アイテムは代理人のメールボックスから直接送信されているように見えます。

この要素を記述するスキーマは、クライアント アクセス サーバーの役割がインストールされている 2007 Microsoft Exchange Server実行されているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあります。

要素の情報

要素
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目