Share via


MAPI over HTTP

製品: Exchange Server 2013

HTTP 経由のメッセージング アプリケーション プログラミング インターフェイス (MAPI) は、Microsoft Exchange Server 2013 Service Pack 1 (SP1) に実装された新しいトランスポート プロトコルです。 HTTP 経由の MAPI は、トランスポート層を業界標準の HTTP モデルに移動することで、Outlook および Exchange 接続の信頼性と安定性を向上させます。 これにより、トランスポート エラーの可視性レベルが向上するとともに、回復性が強化されます。 追加機能には、明示的な一時停止後再開機能のサポートが含まれています。 これにより、サポートされているクライアントは、同じサーバー コンテキストを維持しながら、ネットワークを変更したり、休止状態から再開したりできます。

MAPI over HTTP の実装は、Outlook でこのプロトコルを使用しなければ Exchange にアクセスできないことを意味するものではありません。 MAPI over HTTP に対応していない Outlook クライアントは、引き続き Outlook を使用して、MAPI 対応のクライアント アクセス サーバーを介して Exchange にアクセスできます。

MAPI over HTTP の利点

MAPI over HTTP には、それをサポートするクライアントで次の利点があります。

  • HTTP ベースのプロトコルを使用して、将来の認証技術の革新に対応できます。
  • (RPC 接続ではなく) TCP 接続のみを再構築する必要があるため、通信中断後の再接続時間が短縮されます。 通信切断が発生する例には、以下があります。
    • デバイスの休止状態
    • 有線ネットワークからワイヤレスまたは携帯電話ネットワークへの変更
  • 接続に依存しないセッション コンテキストを提供します。 サーバーは、ユーザーがネットワークを変更した場合でも、構成可能な期間セッション コンテキストを維持します。

HTTP 経由で MAPI を展開する

MAPI over HTTP を有効にするには、次の要件を検討してください。

  • サポート可能性: 目的の構成バージョンがサポートされていることを確認します。
  • 前提条件: 環境がアップグレードされ、HTTP 経由で MAPI 用に準備されていることを確認します。
  • 構成: 仮想ディレクトリを構成し、組織の MAPI を有効にします。

サポート

以下の表を使用して、クライアントとサーバーが MAPI over HTTP をサポートすることを確認します。

製品 Exchange 2013 SP1 Exchange 2013 RTM Exchange 2010 SP3 Exchange 2007 SP3
Outlook 2013 SP1
  • MAPI over HTTP
  • Outlook Anywhere
Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
Outlook 2013 RTM Outlook Anywhere Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
Outlook 2010 SP2 と更新 KB2956191 および KB2965295 (2015 年 4 月 14 日)
  • HTTP 経由の MAPI
  • Outlook Anywhere
Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
Outlook 2010 SP2 以前のバージョン Outlook Anywhere Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
Outlook 2007 Outlook Anywhere Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere
  • RPC
  • Outlook Anywhere

前提条件

HTTP 経由で MAPI をサポートするようにクライアントとサーバーを準備するには、次の手順を実行します。

  1. Outlook クライアントを Outlook 2013 SP1 または Outlook 2010 SP2 にアップグレードし、KB2956191 と KB2965295 を更新します (2015 年 4 月 14 日)。

  2. クライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーを最新の Exchange 2013 累積的な更新プログラム (CU) にアップグレードします。 アップグレード方法については、「 Exchange 2013 を最新の累積的な更新プログラムまたは Service Pack にアップグレードする」を参照してください。

    注:

    すべてのクライアント アクセス サーバーは、最新の Exchange 2013 CU または直前の CU にアップグレードする必要があります。 それ以外の場合、Outlook はメールボックスへの接続に失敗する可能性があります。

    データベース可用性グループ (DAG) 内のすべてのメールボックス サーバーをアップグレードしないと、電子メールの遅延が発生し、データベースのフェールオーバーが発生した場合に Outlook を再起動するクライアント要件が発生する可能性があります。

  3. すべての Exchange 2013 サーバーに、Exchange サーバーで実行されている CU でサポートされている Microsoft .NET Framework バージョンをインストールします。 詳細については、「Exchange Serverサポートマトリックス」と「.NET Frameworkのインストール」を参照してください

構成

組織の MAPI over HTTP を構成するには、以下の手順を実行します。

  1. 仮想ディレクトリの構成: 既定では、Exchange 2013 SP1 は HTTP 経由で MAPI 用の仮想ディレクトリを作成します。 仮想ディレクトリを構成するには、 Set-MapiVirtualDirectory コマンドレットを使用します。 内部 URL、外部 URL、またはその両方を構成する必要があります。 詳細については、「 Set-MapiVirtualDirectory」を参照してください。

    たとえば、内部 URL の値を に、認証方法を に https://contoso.com/mapi設定して、ローカル Exchange サーバー上の既定の MAPI 仮想ディレクトリを構成するには Negotiate、次のコマンドを実行します。

    Set-MapiVirtualDirectory -Identity "Contoso\mapi (Default Web Site)" -InternalUrl https://Contoso.com/mapi -IISAuthenticationMethods Negotiate
    
  2. 証明書の構成: Exchange 環境で使用されるデジタル証明書には、MAPI 仮想ディレクトリで定義されているのと同じ InternalURL 値と ExternalURL 値が含まれている必要があります。 Exchange 2013 証明書の管理の詳細については、「 デジタル証明書と SSL」を参照してください。 Exchange 証明書が Outlook クライアント ワークステーションで信頼されていることを確認し、特に MAPI 仮想ディレクトリで構成されている URL にアクセスするときに証明書エラーがないことを確認します。

  3. サーバー規則の更新: HTTP 仮想ディレクトリ経由で MAPI へのアクセスを許可するようにロード バランサー、リバース プロキシ、ファイアウォールが構成されていることを確認します。

  4. Exchange 組織で HTTP 経由で MAPI を有効にする

    次のコマンドを実行します。

    Set-OrganizationConfig -MapiHttpEnabled $true
    

MAPI over HTTP 接続をテストする

エンド ツー エンドの MAPI over HTTP 接続をテストするには、 Test-OutlookConnectivity コマンドレットを使用します。 Test-OutlookConnectivity コマンドレットを使用するには、Microsoft Exchange Health Manager (MSExchangeHM) サービスが開始されている必要があります。

以下の例では、ContosoMail という名前の Exchange サーバーからの MAPI over HTTP 接続をテストします。

Test-OutlookConnectivity -RunFromServerId ContosoMail -ProbeIdentity OutlookMapiHttpSelfTestProbe

テストが成功すると、次のような出力が返されます。

MonitorIdentity                                        StartTime              EndTime                Result      Error     Exception
---------------                                        ---------              -------                ------      -----     ---------
OutlookMapiHttp.Protocol\OutlookMapiHttpSelfTestProbe  2/14/2014 7:15:00 AM   2/14/2014 7:15:10 AM   Succeeded

詳細については、「Test-OutlookConnectivity」を参照してください。

MAPI over HTTP の動作状況ログは、以下の場所にあります。

  • %ExchangeInstallPath%Logging\MAPI Address Book Service\
  • %ExchangeInstallPath%Logging\MAPI Client Access\
  • %ExchangeInstallPath%Logging\HttpProxy\Mapi\

MAPI over HTTP を管理する

次のコマンドレットを使用して、MAPI over HTTP の構成を管理できます。