Share via


ストレージ構成オプションのExchange Server

Exchange Server 2016 および Exchange Server 2019 のメールボックス サーバーのストレージ オプションと要件を理解することは、メールボックス サーバーの記憶域設計ソリューションの重要な部分です。

記憶域アーキテクチャ

次の表では、サポートされている記憶域アーキテクチャを説明し、それぞれの種類の記憶域アーキテクチャに関するベスト プラクティスの指示を適切な場所に提供します。

サポートされているストレージ アーキテクチャ:

記憶域アーキテクチャ 説明 ベスト プラクティス
直接接続型ストレージ (DAS) DAS は、間に記憶域ネットワークを介しない、サーバーまたはワークステーションに直接に接続されたデジタル記憶域システムです。 たとえば、DAS トランスポートには Serial Attached SCSI (Small Computer System Interface) および Serial Attached Advanced Technology Attachment (ATA) が含まれます。 注意事項なし。
ストレージ エリア ネットワーク (SAN):iSCSI (Internet Small Computer System Interface) SAN は、リモート コンピューターの記憶装置 (ディスク アレイおよびテープ ライブラリなど) を、オペレーティング システムにローカルに接続されたデバイスとして表示されるように、サーバーに接続するアーキテクチャです (たとえば、ブロック ストレージ)。 iSCSI SAN は SCSI コマンドを IP パッケージに内包して、標準のネットワーク インフラストラクチャをストレージ トランスポートとして使用します (たとえば、イーサネット)。 Exchange のデータをバックアップする物理ディスクは、他のアプリケーションと共有しないでください。

専用のストレージ ネットワークを使用します。

スタンドアロン構成に対して複数のネットワーク パスを使用します。

SAN:ファイバー チャネル ファイバー チャネル SAN は、ファイバー チャネル パケット内に SCSI コマンドをカプセル化し、一般にストレージ トランスポートとして特殊なファイバー チャネル ネットワークを使用します。 Exchange のデータをバックアップする物理ディスクは、他のアプリケーションと共有しないでください。

スタンドアロン構成に対して複数のファイバー チャネル ネットワーク パスを使用します。

ストレージ ベンダーの、ファイバー チャネル ホスト バス アダプター (HBA) をチューニングするためのベスト プラクティスに従ってください。たとえば、キューの深さおよびキューの対象などです。

NAS (ネットワーク接続ストレージ) ユニットは、ネットワークに接続された自己完結型コンピューターで、ネットワークの他のデバイスに対してファイル ベースのデータ ストレージ サービスを提供することだけを目的としています。 NAS ユニット上のオペレーティング システムおよび他のソフトウェアは、データ記憶域、ファイル システム、およびファイルへのアクセスの機能ならびに、それらの機能の管理を提供します (たとえば、ファイル ストレージ)。

Exchange 2016 は仮想化に関する記事で説明されている SMB 3.0 シナリオ以外の NAS ボリュームの使用をサポートしていないため、Exchange データのストレージに Exchange で使用されるすべてのストレージ Exchange Serverはブロック レベルのストレージである必要があります。 また、仮想化された環境では、ハイパーバイザー経由でブロック レベルのストレージとしてゲストに提示される NAS ストレージはサポートされていません。

ストレージ層の使用は推奨されません。これは、システムのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があるためです。 このため、ストレージ コントローラーがアクセスが最も多いファイルを "高速" ストレージに自動的に移動することを許可しないでください。

物理ディスクの種類

次の表では、サポートされている物理ディスクの種類の一覧と、それぞれの物理ディスクの種類に対してベスト プラクティスの指示を適切な場所に提供します。

サポートされている物理ディスクの種類:

物理ディスクの種類 説明 サポートまたはベスト プラクティス
Serial ATA (SATA) SATA は、ATA および IDE (Integrated Device Electronics) 用のシリアル インターフェイスです。 SATA ディスクは、さまざまなフォーム ファクター、速度、容量で利用できます。

一般的に、以下の設計要件がある場合には Exchange 2016 メールボックスの記憶域として SATA ディスクを選択します。

  • 大容量
  • 中程度のパフォーマンス
  • 中程度の電源使用率
サポート対象: Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 用の 512 バイト セクターのディスク。 また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。
  • KB982018 で説明されている修正プログラム。
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) と Exchange Server 2010 SP1.

Exchange 2013 以降では、ネイティブ 4 KB (KB) セクター ディスクと 512e ディスクがサポートされています。 サポートには、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスク タイプ上にある必要があります。 たとえば、512 バイトのセクター ディスク上の特定のデータベースの 1 つのコピーと、512e ディスクまたは 4K ディスク上の同じデータベースの別のコピーをホストする構成はサポートされていません。

ベスト プラクティス:熱、振動、および信頼性の点において一般的により良い特性を持つエンタープライズ クラスの SATA ディスクを考慮してください。

Serial Attached SCSI Serial Attached SCSI は、SCSI ディスク用のシリアル インターフェイスです。 シリアル接続 SCSI ディスクは、さまざまなフォーム ファクター、速度、容量で利用できます。

一般的に、以下の設計要件がある場合には Exchange 2016 メールボックスの記憶域として Serial Attached SCSI ディスクを選択します。

  • 中程度の容量
  • 高パフォーマンス
  • 中程度の電源使用率
サポート対象: Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 用の 512 バイト セクターのディスク。 また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。
  • KB982018 で説明されている修正プログラム。
  • Windows Server 2008 R2 SP1 と Exchange Server 2010 SP1。

Exchange 2013 以降では、ネイティブ 4 KB (KB) セクター ディスクと 512e ディスクがサポートされています。 サポートでは、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスクの種類に存在する必要があります。 たとえば、あるデータベースの 1 つのコピーが 512 バイト セクターのディスク上にあり、同じデータベースのもう 1 つのコピーが 512e ディスクまたは 4K ディスク上にある場合、その構成はサポートされません。

ベスト プラクティス:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。

ファイバー チャネル ファイバー チャネルは、ディスクをファイバー チャネル ベースの SAN に接続するために使用される電気的インターフェイスです。 ファイバー チャネル ディスクは、さまざまな速度と容量で利用できます。

一般的に、以下の設計要件がある場合には Exchange 2016 メールボックスの記憶域としてファイバー チャネル ディスクを選択します。

  • 中程度の容量
  • 高パフォーマンス
  • SAN 接続
サポート対象: Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 用の 512 バイト セクターのディスク。 また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。
  • KB982018 で説明されている修正プログラム。
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) と Exchange Server 2010 SP1.

Exchange 2013 以降では、ネイティブ 4 KB (KB) セクター ディスクと 512e ディスクがサポートされています。 サポートでは、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスクの種類に存在する必要があります。 たとえば、512 バイトのセクター ディスク上の特定のデータベースの 1 つのコピーと、512e ディスクまたは 4K ディスク上の同じデータベースの別のコピーをホストする構成はサポートされていません。

ベスト プラクティス:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。

ソリッド ステート ドライブ (SSD) (フラッシュ ディスク) SSD は、永続データを格納するためにソリッド ステート メモリを使用するデータ記憶域デバイスです。 SSD はハード ディスク ドライブ インターフェイスをエミュレートします。 SSD ディスクは、さまざまな速度 (異なる I/O パフォーマンス機能) と容量で利用できます。

一般的に、以下の設計要件がある場合には Exchange 2016 メールボックスの記憶域として SSD ディスクを選択します。

  • 低容量
  • 高パフォーマンス
サポート対象: Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 用の 512 バイト セクターのディスク。 また、以下の条件で Windows Server 2008 R2 では 512e ディスクもサポートされています。
  • KB982018 で説明されている修正プログラム。
  • Windows Server 2008 R2 SP1 と Exchange Server 2010 SP1。

Exchange 2013 以降では、データベースのすべてのコピーが同じ物理ディスクの種類にある場合、ネイティブ 4 KB (KB) セクター ディスクと 512e ディスクがサポートされます。 たとえば、512 バイトのセクター ディスク上の特定のデータベースの 1 つのコピーと、512e ディスクまたは 4K ディスク上の同じデータベースの別のコピーをホストする構成はサポートされていません。

ベスト プラクティス:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。

一般的に、Exchange 2016 メールボックス サーバーは、SSD ストレージのパフォーマンスの特性を必要としません。

ディスクの種類の選択時に考慮する要因

Exchange 2016 ストレージ用のディスクの種類を選択する場合、さまざまなトレードオフがあります。 正しいディスクは、パフォーマンス (シーケンシャルおよびランダム) と、容量、信頼性、電源使用率、および資本コストのバランスがとれているものです。 次の、サポートされている物理ディスクの種類の表は、それらの要因を考慮に入れる場合に役立つ情報を提供します。

パフォーマンスの観点から見ると、Exchange ストレージに低速の大きなディスクを使用しても問題ありません。ディスクが読み取りと書き込みの平均待機時間を 20 ミリ秒以下に維持できる場合です。

ディスクの種類の選択の要因:

ディスクの回転速度 (RPM) ディスクのフォーム ファクター インターフェイスまたはトランスポート キャパシティ ランダム I/O パフォーマンス シーケンシャル I/O パフォーマンス 電源使用率
5,400 2.5 インチ SATA 平均 悪い 悪い 優秀
5,400 3.5 インチ SATA 優秀 悪い 悪い 平均以上
7,200 2.5 インチ SATA 平均 平均 平均 優秀
7,200 2.5 インチ Serial Attached SCSI 平均 平均 平均以上 優秀
7,200 3.5 インチ SATA 優秀 平均 平均以上 平均以上
7,200 3.5 インチ Serial Attached SCSI 優秀 平均 平均以上 平均以上
7,200 3.5 インチ ファイバー チャネル 優秀 平均 平均以上 平均
10,000 2.5 インチ Serial Attached SCSI 平均以下 優秀 平均以上 平均以上
10,000 3.5 インチ SATA 平均 平均 平均以上 平均以上
10,000 3.5 インチ Serial Attached SCSI 平均 平均以上 平均以上 平均以下
10,000 3.5 インチ ファイバー チャネル 平均 平均以上 平均以上 平均以下
15,000 2.5 インチ Serial Attached SCSI 悪い 優秀 優秀 平均
15,000 3.5 インチ Serial Attached SCSI 平均 優秀 優秀 平均以下
15,000 3.5 インチ ファイバー チャネル 平均 優秀 優秀 悪い
SSD: -= 該当なし SATA、Serial Attached SCSI、ファイバー チャネル 悪い 優秀 優秀 優秀

サポート対象記憶域の構成に関するベスト プラクティス

このセクションでは、サポートされているディスクとアレイ コントローラーの構成に関するベスト プラクティス情報を提供します。 一般的に使用される独立ディスクの冗長アレイ (RAID) に加えて、ディスク (またはドライブ) の集まり (JBOD) もあります。これは、冗長アレイとして機能するように構成されていないハード ディスクのコレクションを指します。

RAID は、(複数のディスク間でデータをストライピングすることによって) 個々のディスクのパフォーマンス特性を向上させ、個々のディスク障害からの保護を提供するためによく使用されます。 Exchange 2016 の高可用性の進歩により、RAID は Exchange 2016 ストレージ設計に必要なコンポーネントではありません。 ただし、RAID は、記憶域フォールト トレランスを必要とするスタンドアロン サーバーとソリューションの Exchange 2016 ストレージ設計に不可欠なコンポーネントです。

オペレーティング システム、システム、ページファイル ボリューム

オペレーティング システム、システム、またはページファイル ボリュームに推奨される構成は、RAID テクノロジを使用してこのデータ型を保護することです。 推奨 RAID 構成は、RAID-1 または RAID-1/0 ですが、すべての RAID の種類がサポートされます。

分離したメールボックス データベースとログ ボリューム

スタンドアロン メールボックス サーバーの役割アーキテクチャを展開する場合は、メールボックス データベースとログ ボリュームに RAID テクノロジが必要です。 メールボックス ボリュームに推奨される RAID 構成は RAID-1/0 です (特に、5.4 K または 7.2 K ディスクを使用している場合)。ただし、すべての RAID タイプがサポートされています。 ログ ボリュームには、RAID-1 または RAID-1/0 が推奨 RAID 構成です。

オペレーティング システム、ページファイル、または Exchange データ ボリューム用に RAID-5 または RAID-6 構成を使用している場合は、以下に注意してください。

  • RAID-50 や RAID-51 などのバリエーションを含む RAID-5 構成では、アレイ グループごとに 7 個以下のディスクを使用し、アレイ コントローラーの優先度の高いスクラブと表面スキャンを有効にする必要があります。

  • RAID-6 構成は、優先度の高いスクラブおよびサーフェイス スキャンを有効化したアレイ コントローラーを備えるものとします。

JBOD は、3 つ以上の高可用性データベース コピーを持つ高可用性アーキテクチャでサポートされていますが、ログ とメールボックス のデータベース ボリュームは分離されているため、ソリューションとして JBOD は推奨されません。

メールボックス データベースおよびログ ボリュームのコロケーション

スタンドアロン アーキテクチャでは、メールボックス データベースとログ ボリュームの共同場所はお勧めしません。 高可用性アーキテクチャでは、このシナリオには 2 つの可能性があります。

  1. ボリュームごとに単一のデータベース

  2. ボリュームごとに複数のデータベース

ボリュームごとに単一のデータベース

Exchange 環境では、JBOD ストレージ ソリューションには、データベースとそれに関連付けられたログの両方が単一のディスクに格納されることが含まれます。 JBOD ソリューションを展開するには、少なくとも 3 つの高可用性データベース コピーを展開する必要があります。 単一ディスクの使用は単一障害点です。これは、ディスクに障害が発生すると、そのディスクに存在するデータベース のコピーが失われるためです。 少なくとも 3 つのデータベース コピーを使用すると、1 つのコピー (または 1 つのディスク) が失敗した場合に 2 つのコピーを追加することでフォールト トレランスが確保されます。 ただし、3 つの高可用性データベース コピーの配置と遅延データベース コピーの使用は、ストレージの設計に影響する可能性があります。 以下の表は、RAID または JBOD に関する考慮事項のガイドラインを示します。

RAID または JBOD に関する考慮事項:

データセンター サーバー 2 つの高可用性コピー (合計) 3 つの高可用性コピー (合計) データ センターごとに 2 つ以上の高可用性コピー 1 つの時間差コピー データ センターごとに 2 つ以上の時間差コピー
プライマリ データセンター サーバー RAID RAID または JBOD (2 つのコピー) RAID または JBOD RAID RAID または JBOD
セカンダリ データセンター サーバー RAID RAID (1 つのコピー) RAID または JBOD RAID RAID または JBOD

プライマリ データセンター サーバーで JBOD 上に展開するには、DAG 内に 3 つ以上の高可用性データベース コピーが必要です。 高可用性データベース コピーをホストしているサーバーと同じサーバー上で時間差コピーを混在させる場合 (たとえば、専用の時間差データベース コピー サーバーを使用しない場合) には、少なくとも 2 つの時間差データベース コピーが必要になります。

セカンダリ データセンター サーバーで JBOD を使用するには、セカンダリ データセンターに少なくとも 2 つの高可用性データベース コピーが必要です。 セカンダリ データセンターのコピーを失っても、WAN を通じて再シードする必要が生じたり、セカンダリ データセンターをアクティブ化する場合に単一障害点になったりすることはありません。 高可用性データベース コピーをホストしているサーバーと同じサーバー上で時間差データベース コピーを混在させる場合 (たとえば、専用の時間差データベース コピー サーバーを使用しない場合) には、少なくとも 2 つの時間差データベース コピーが必要になります。

専用の時間差データベース コピー サーバーでは、JBOD を使用するためにデータセンター内に少なくとも 2 つの時間差データベース コピーが必要です。 そうしないと、ディスクが失われると、遅れたデータベース コピーが失われ、保護メカニズムが失われます。

ボリュームごとに複数のデータベース

ボリュームごとに複数のデータベースが Exchange 2016 で使用できる新しい JBOD シナリオであり、アクティブコピーとパッシブ コピー (遅延コピーを含む) を 1 つのディスクに混在させ、ディスク使用率を向上させることができます。 ただし、この手法で時間差データベース コピーを展開するには、自動の時間差データベース コピーのログ ファイルを無視する、を有効にする必要があります。 次の表は、ボリュームごとの複数のデータベースの JBOD を検討するためのガイドラインを示します。

JBOD に関する考慮事項:

データセンター サーバー 3 つ以上のコピー (合計) データ センターごとに 2 つ以上のコピー
プライマリ データセンター サーバー JBOD JBOD
セカンダリ データセンター サーバー 該当なし JBOD

次の表は、Exchange 2016 用のストレージ アレイ構成に関するガイドを提供します。

Exchange 2016 メールボックス サーバーの役割でサポートされている RAID の種類:

RAID の種類 説明 サポートまたはベスト プラクティス
ディスク アレイの RAID ストライプ サイズ (KB) ストライプ サイズは、RAID セット内におけるディスクあたりのデータ分布の単位です。 ストライプ サイズはブロック サイズとも呼ばれます。 ベスト プラクティス:256 KB 以上。 ストレージ ベンダーのベスト プラクティスに従ってください。
ストレージ アレイのキャッシュ設定 キャッシュ設定は、バッテリでバックアップされたキャッシュ アレイ コント ローラーによって提供されます。 ベスト プラクティス: RAID または JBOD のいずれかの構成の DAS ストレージ コントローラーの場合は 100% の書き込みキャッシュ (バッテリーまたはフラッシュ バック付きキャッシュ)。 SAN などの他の種類のストレージ ソリューションの場合は 75% の書き込みキャッシュと 25% の読み取りキャッシュ (バッテリーまたはフラッシュ バック付きキャッシュ)。 SAN ベンダーが自社のプラットフォーム上のキャッシュ構成に関する別のベスト プラクティスを公開している場合は、SAN ベンダーの指示に従ってください。
物理ディスク書き込みキャッシュ キャッシュの設定は、個々のディスクそれぞれです。 サポート:UPS なしで使用する場合は、物理的なディスク書き込みキャッシュを無効にする必要があります。

次の表では、データベースおよびログ ファイルの選択についてのガイドを提供します。

Exchange 2016 メールボックス サーバーの役割のデータベースとログ ファイルの選択肢:

データベースとログ ファイルのオプション 説明 スタンドアロン:サポートまたはベスト プラクティス 高可用性:サポートまたはベスト プラクティス
ファイルの配置:ログの独立性あたりのデータベース ログごとのデータベース分離とは、同じメールボックス データベースのデータベース ファイルとログを、異なる物理ディスクによってサポートされる異なるボリュームに配置することを指します。 ベスト プラクティス:回復性のため、データベース (.edb) ファイルおよびログを同じデータベースから、異なる物理ディスクからなる異なるボリュームに移動します。 サポート:ログとデータベースの独立性は必要ありません。
ファイルの配置:ボリュームあたりのデータベース ファイル ボリュームあたりのデータベース ファイルは、ディスク ボリューム内または複数のディスク ボリューム間でデータベース ファイルを分散する方法を参照します。 ベスト プラクティス:バックアップの方法を基にします。 サポート:JBDO を使用している場合は、データベースとログ ファイル用の別々のディレクトリを含む単一のボリュームを作成します。
ファイルの配置:ボリュームあたりのログ ストリーム ボリュームごとのログ ストリームは、ディスク ボリューム内または複数のディスク ボリューム間でデータベース ログ ファイルを分散する方法を参照します。 ベスト プラクティス:バックアップの方法を基にします。 サポート:JBDO を使用している場合は、データベースとログ ファイル用の別々のディレクトリを含む単一のボリュームを作成します。

ベスト プラクティス: JBOD を使用する場合は、ボリュームごとに複数のデータベースを使用します。

データベースのサイズ データベースのサイズとは、ディスク データベース (.edb) ファイルのサイズを意味します。 サポート:約 16 TB。

ベスト プラクティス:

  • 200 GB (ギガバイト) 以下。
  • 計算された最大データベース サイズの 120% を準備。
サポート:約 16 TB。

ベスト プラクティス:

  • 2 TB 以下。
  • 計算された最大データベース サイズの 120% を準備。
ログの切り詰め方法 ログの切り詰め方法とは、古いデータベースのログ ファイルの切り詰めと削除のプロセスです。 次の 2 つのメカニズムがあります。
  • 循環ログ。Exchange がログを削除します。
  • ログの切り詰め。完全または増分のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) バックアップが正常終了した後に発生します。
ベスト プラクティス:
  • ログの切り詰めにはバックアップ ログを使用します (たとえば、循環ログが無効)。
  • 3 日間分のログ生成の容量を準備します。
ベスト プラクティス:
  • Exchange のネイティブ データ保護機能を使用する展開では、循環ログを有効にします。
  • ログ生成容量の再生の時間差を 3 日間超える分を準備します。

次の表では、Windows のディスクの種類に関するガイドを提供します。

Exchange 2016 メールボックス サーバーの役割の Windows ディスクの種類:

Windows ディスクの種類 説明 スタンドアロン:サポートまたはベスト プラクティス 高可用性:サポートまたはベスト プラクティス
ベーシック ディスク 基本記憶域用に初期化されたディスクをベーシック ディスクと呼びます。 ベーシック ディスクには、プライマリ パーティション、拡張パーティション、論理ドライブなどのベーシック ボリュームが含まれます。 サポートされています。

ベスト プラクティス:ベーシック ディスクを使用します。

サポートされています。

ベスト プラクティス:ベーシック ディスクを使用します。

ダイナミック ディスク 動的記憶域用に初期化されたディスクをダイナミック ディスクと呼びます。 ダイナミック ディスクには、シンプル ボリューム、スパン ボリューム、ストライプ ボリューム、ミラー ボリューム、RAID-5 ボリュームなどのダイナミック ボリュームが含まれます。 サポートされています。 サポートされています。

次の表では、ボリューム構成のガイドを提供します。

Exchange 2016 メールボックス サーバーの役割のボリューム構成:

ボリューム構成 説明 スタンドアロン:サポートまたはベスト プラクティス 高可用性:サポートまたはベスト プラクティス
GUID パーティション テーブル (GPT) GPT は、古いマスター ブート レコード (MBR) のパーティション分割のスキーマを拡張するディスク アーキテクチャです。 NTFS でフォーマットされたパーティションの最大サイズは 256 TB です。 サポートされています。

ベスト プラクティス:GPT パーティションを使用します。

サポートされています。

ベスト プラクティス:GPT パーティションを使用します。

MBR MBR (パーティション セクター) は 512 バイトのブート セクターで、ハード ディスクなどのパーティション分割された記憶装置の最初のセクター (LBA Sector 0) です。 NTFS でフォーマットされたパーティションの最大サイズは 2 TB です。 サポートされています。 サポートされています。
パーティションの配置 パーティションの配置とは、最適なパフォーマンスのためにセクター境界にパーティションを配置することを意味します。 サポート:Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012 の既定値は 1 メガバイト (MB) です。 サポート:Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012 の既定値は 1 MB です。
ボリューム パス ボリューム パスは、ボリュームのアクセス方法を意味します。 サポート:ドライブ文字またはマウント ポイント。 ベスト プラクティス:マウント ポイントのホスト ボリュームは RAID が有効になっている必要があります。 サポート:ドライブ文字またはマウント ポイント。

ベスト プラクティス:マウント ポイントのホスト ボリュームは RAID が有効になっている必要があります。

ファイル システム ファイル システムはコンピューターのファイルを格納して整理する方法で、ファイルが格納しているデータの検索とファイルへのアクセスを容易にします。 サポート:NTFS および ReFS。 サポート:NTFS および ReFS。
NTFS の最適化 NTFS の最適化は、Windows ファイル システムの断片化の量を減らす処理です。 これは、ディスクの内容を物理的に整理して、各ファイルの欠片を近くにまとめて連続的になるように格納することで実現します。 サポートされています。

ベスト プラクティス: 必要ではなく、推奨しません。 Windows Server 2012 では、自動ディスク最適化およびデフラグ機能を無効にすることもお勧めします。

サポートされています。

ベスト プラクティス: 必要ではなく、推奨しません。 Windows Server 2012 では、自動ディスク最適化およびデフラグ機能を無効にすることもお勧めします。

NTFS アロケーション ユニット サイズ NTFS アロケーション ユニット サイズは、ファイルを保持するために割り当てることができるディスク領域の最小量を表します。 サポート:すべてのアロケーション ユニット サイズ。

ベスト プラクティス:.edb ファイルとログ ファイル ボリュームの両方に 64 KB。

サポート:すべてのアロケーション ユニット サイズ。

ベスト プラクティス:.edb ファイルとログ ファイル ボリュームの両方に 64 KB。

NTFS 圧縮 NTFS 圧縮は、ハード ディスクに格納されるファイルの実際のサイズを減らす処理です。 サポート:Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。 サポート:Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。
NTFS 暗号化ファイル システム (EFS) EFS では、個々のファイル、フォルダー、またはデータ ドライブ全体をユーザーが暗号化できます。 EFS は業界標準のアルゴリズムと公開キー暗号を介した強力な暗号化を提供するため、攻撃者がシステム セキュリティをバイパスした場合でも暗号化されたファイルの機密性は維持されます。 サポート:Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。 Exchange データベースまたはログ ファイルはサポートしていません。
Windows BitLocker (ボリューム暗号化) Windows BitLocker は、Windows Server 2008 のデータ保護機能です。 BitLocker は、紛失したり盗難にあったコンピューターからデータが盗まれたり漏えいしたりしないように保護し、コンピューターを使用停止するときに、より安全にデータを削除できるようにします。 サポート:すべての Exchange データベースとログ ファイル。 サポート:すべての Exchange データベースとログ ファイル。 Windows フェールオーバー クラスターには、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 R2 SP1 が必要です。 BitLocker が有効になっている Exchange ボリュームは、以前のバージョンの Windows を実行している Windows フェールオーバー クラスターではサポートされていません。

Windows 7 BitLocker 暗号化の詳細については、「Windows 7 の BitLocker ドライブの暗号化:よく寄せられる質問」をご覧ください。

サーバー メッセージ ブロック (SMB) 3.0 サーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルは、(TCP/IP や他のネットワーク プロトコル上の) ネットワーク ファイル共有プロトコルであり、コンピューター上のアプリケーションでリモート サーバー上のファイルやリソースにアクセスするためのプロトコルです。 またサーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルにより、SMB クライアント要求を受信する構成にしたサーバー プログラムともアプリケーションで通信できます。 Windows Server 2012 では、以下の機能を備えた 3.0 バージョンの新しい SMB プロトコルを導入しました。
  • SMB 透過フェールオーバー
  • SMB スケールアウト
  • SMB マルチチャネル
  • SMB ダイレクト
  • SMB 暗号化
  • SMB ファイル共有のための VSS
  • SMB ディレクトリ リース
  • SMB PowerShell
限定サポート。 サポート対象シナリオは、SMB 3.0 共有の VHD でディスクをホストするハードウェア仮想化展開です。 これらの VHD を、ホストはハイパーバイザーで認識します。 詳細については、「仮想化のExchange Server」を参照してください。 限定サポート。 サポート対象シナリオは、SMB 3.0 共有の VHD でディスクをホストするハードウェア仮想化展開です。 これらの VHD を、ホストはハイパーバイザーで認識します。 詳細については、「仮想化のExchange Server」を参照してください。
記憶域スペース 記憶域スペースは、Windows Server 2012 に仮想化機能を提供する新しいストレージ ソリューションです。 記憶域スペースを使用すると、ディスクを追加することで簡単に拡張できる記憶域プールに物理ディスクを整理できます。 これらのディスクは、USB、SATA、または SAS のいずれかを介して接続できます。 また、仮想ディスク (スペース) も使用します。これは物理ディスクと同様に動作し、シン プロビジョニングや、基になる物理メディアの障害に対する回復性などの強力な機能が関連付けられています。 詳細については、「記憶域スペースの概要」をご覧ください。 サポートされています。 この記事で説明する物理ディスクの種類と同じ制限。 サポートされています。 この記事で説明する物理ディスクの種類と同じ制限。
Resilient File System (ReFS) ReFS は、NTFS の基盤上に構築されたWindows Server 2012用の新しく設計されたファイル システムです。 ReFS は、NTFS との高度な互換性を維持しながら、強化されたデータ検証と自動修正手法と、特に記憶域スペース機能で使用される場合に、破損に対する統合されたエンドツーエンドの回復性を提供します。 ReFS の詳細については、「 回復性のあるファイル システム (ReFS) の概要: サポートされているデプロイ」を参照してください 次の修正プログラムがインストールされている場合は、Exchange データベース ファイル、ログ ファイル、コンテンツ インデックス作成ファイルを含むボリュームでサポートされます。Exchange Server 2013 データベースは、Windows Server 2012で断片化されます。 Exchange バイナリが含まれているボリュームではサポートされていません。

ベスト プラクティス: Exchange データベース (.edb) ファイルまたはこれらのファイルをホストするボリュームのデータ整合性機能を無効にする必要があります。 ボリュームにデータベースまたはログ ファイルが含まれていない場合は、コンテンツ インデックス カタログを含むボリュームに対して整合性機能を有効にすることができます。

Exchange データベース ファイル、ログ ファイル、およびコンテンツ インデックス 作成ファイルを含むボリュームでサポートされます。次の修正プログラムがインストールされている場合: Exchange Server 2013 データベースがWindows Server 2012で断片化されます。 Exchange バイナリが含まれているボリュームではサポートされていません。

ベスト プラクティス: Exchange データベース (.edb) ファイルまたはこれらのファイルをホストするボリュームのデータ整合性機能を無効にする必要があります。 ボリュームにデータベースまたはログ ファイルが含まれていない場合は、コンテンツ インデックス カタログを含むボリュームに対して整合性機能を有効にすることができます。

ReFS 割り当て単位のサイズ ReFS 割り当てユニットのサイズは、ファイルを保持するために割り当てることができるディスク領域の最小量を表します。 サポート:すべてのアロケーション ユニット サイズ。

ベスト プラクティス:.edb ファイルとログ ファイル ボリュームの両方に 64 KB。

サポート:すべてのアロケーション ユニット サイズ。

ベスト プラクティス:.edb ファイルとログ ファイル ボリュームの両方に 64 KB。

データ重複除去 データ重複除去は、ストレージ使用率を最適化する手法です。 その忠実性や整合性を損なうことなく、データ内の重複を見つけて削除する方法です。 この目的は、ファイルを小さな可変サイズのチャンクに分割して、重複チャンクを特定し、各チャンクの単一コピーを維持することによって、より少ないスペースにより多くのデータを保存することです。 データ重複除去テクノロジは、通常、2 つの方法のいずれか 1 つを実装します。オペレーティング システム レベルで、またはストレージ システム レベルで、オペレーティング システムが使用されていることを認識します。 OS レベル: Exchange メールボックス データベース、トランスポート データベース、またはコンテンツ インデックス ファイルではサポートされていません。

ストレージ システム レベル: サポートされていますが、 Microsoft サード パーティのストレージ ソフトウェア ソリューションサポート ポリシーに該当します。

: OS レベルの dedupe は、オフライン (バックアップまたはアーカイブとして使用) されている Exchange データベース ファイルに使用できます。

OS レベル: Exchange メールボックス データベース、トランスポート データベース、またはコンテンツ インデックス ファイルではサポートされていません。

ストレージ レベル: サポートされていますが、 Microsoft サード パーティのストレージ ソフトウェア ソリューションサポート ポリシーに該当します。

: OS レベルの dedupe は、オフライン (バックアップまたはアーカイブとして使用) されている Exchange データベース ファイルに使用できます。