Microsoft Exchange 移行ワークフロー サービスが Exchange Server 2013 累積的な更新プログラム 3 で開始できない

元の KB 番号: 2901754

現象

2013 累積的な更新プログラム 3 Microsoft Exchange Serverインストールすると、新しいサービスである Microsoft Exchange 移行ワークフローが手動スタートアップ モードで構成されていることがわかります。 ただし、手動で開始しようとしてもサービスは開始されません。 さらに、アプリケーション ログには次のイベントが表示されます。

Log Name: Application
Source: MSExchange Migration Workflow
Event ID: 1002
Task Category: Service
Level: Warning
Keywords: Classic
User: N/A
Computer: name.contoso.com
Description: The Microsoft Exchange Migration Workflow service didn't start because it's disabled.
Log Name: Application
Source: MSExchange Migration Workflow
Event ID: 1003
Task Category: Service
Level: Error
Keywords: Classic
User: N/A
Computer: name.contoso.com
Description: The Microsoft Exchange Migration Workflow service failed to start.

原因

Microsoft Exchange 移行ワークフロー サービスは、将来実装されるサービスのプレースホルダーにすぎません。 そのため、「現象」セクションで説明されている動作は、想定される動作です。

注:

サービスのスタートアップの種類を [手動] に設定したままにするか、[ 無効] に変更して、システムがサービスを自動的に開始しないようにします。