次の方法で共有


Fabric の Multi-Geo サポートを構成する

Multi-Geo は、多国籍企業のお客様が地域、業界固有、または組織のデータ所在地の要件に対処するのに役立つ Fabric の機能です。 Fabric のお客様は、Fabric テナントのホーム リージョン以外のリージョンのデータ センターにコンテンツをデプロイできます。 geo (地域) には、複数のリージョンが含まれる可能性があります。 たとえば、米国は geo であり、米国中西部と米国中南部は米国のリージョンです。 Azure 地域のマップで定義されている地域 (geo) のいずれかにコンテンツを展開するように選択できます。

ソブリン クラウドでは、そのクラウド内の各リージョンにまたがる Multi-Geo がサポートされています。

注意

現在、以前のバージョンの Premium を使用する中国北部では、Multi-Geo はサポートされていません。

Multi-Geo は、Power BI Embedded でも使用できるようになりました。 詳細については、「Power BI Embedded の Multi-Geo のサポート」をご覧ください。

注意

Multi-Geo では、Power BI Premium Per User (PPU) はサポートされていません。

有効化と構成

新しい容量を作成する場合、既定のリージョン以外のリージョンを選択して、Multi-Geo を有効にします。 容量が作成されると、それが現在配置されているリージョンが表示されます。

新しい容量を作成する場合は、次の手順に従って、既定の容量のリージョンを変更します。

  1. Power BI サービスで [設定] を選択し、メニューから [管理ポータル] を選択します。

  2. [管理ポータル][容量の設定] を選択します。

  3. [新しい容量をセットアップする] を選択します。

  4. [リージョン] ドロップダウン メニューから、この容量に使用したいリージョンを選択します。

容量を作成すると、そのリージョンに残り、その下に作成されたすべてのワークスペースのコンテンツは、そのリージョンに格納されます。 ワークスペースの設定画面のドロップダウンから、ワークスペースを別のリージョンに移行することができます。

Screenshot showing the edit workspace settings screen to change the currently selected region.

変更を確認するこのメッセージが表示されます。

Screenshot of a prompt confirming a change to the workspace region.

移行中に、新しいセマンティック モデルの発行やスケジュールされたデータ更新など、特定の操作が失敗することがあります。

Multi-Geo を有効にすると、次の項目は Premium リージョンに格納されます。

  • インポート用のモデル (. ABF ファイル) および DirectQuery セマンティック モデル
  • クエリ キャッシュ
  • R イメージ

以下の項目はテナントのホーム リージョン内に残ります。

  • プッシュ データセット
  • ダッシュボード/レポート メタデータ: タイル名、タイル クエリ、およびその他のデータ
  • ゲートウェイ クエリまたはスケジュールされた更新ジョブのサービス バス
  • アクセス許可
  • セマンティック モデルの資格情報
  • Power BI Embedded の分析プレイグラウンドの保存済み状態
  • Purview データ マップにリンクされているメタデータ

容量のリージョンを表示する

管理ポータルでは、テナントのすべての容量と、それらが現在配置されているリージョンを表示できます。

Screenshot of a table showing premium capacities and information relating to capacity name, capacity admins, actions, SKU, v-cores, region, and status.

既存のコンテンツのリージョンを変更する

既存のコンテンツのリージョンを変更する必要がある場合は、2 つの選択肢があります。

  • 2 つ目の容量を作成し、ワークスペースを移行します。 無料版をご利用の場合、テナントに予備の仮想コアがある限り、ダウンタイムが発生しません。
  • 2 つ目の容量を作成することを選択できない場合、一時的にコンテンツを Premium から共有容量に戻すことができます。 追加の仮想コアは必要ありませんが、無料版をご利用の場合は、ある程度のダウンタイムが発生します。

Multi-Geo からコンテンツを移行する

次の 2 つの方法のいずれかで Multi-Geo 容量からワークスペースを取り出すことができます。

  • ワークスペースが存在する現在の容量を削除します。 このアクションにより、ワークスペースはホーム リージョンの共有容量に戻されます。
  • 個々のワークスペースを、ホーム テナントにある Premium 容量に戻します。

大規模ストレージ形式のセマンティック モデルは、それが作成されたリージョンから移動しないでください。 大規模形式のセマンティック モデルに基づくレポートがセマンティック モデルを読み込むことができず、"モデルを読み込むことができません" エラーが返されます。 大規模ストレージ形式のセマンティック モデルを元のリージョンに戻して、再び使用できるようにしてください。

考慮事項と制限事項

  • データ転送を開始する前に、リージョン間で開始されるすべての動作が、会社と政府のコンプライアンス要件をすべて満たしていることを確認してください。
  • リモート リージョンに格納されているキャッシュされたデータとクエリは、保存時にはそのリージョン内に残ります。 さらに、Azure 地域に複数のリージョンが含まれている場合、保存データはディザスター リカバリーのために同じ Azure 地域内の別のリージョンにレプリケートされます。 転送中のデータは、複数の地域間を行き来する可能性があります。
  • ソース データは Multi-Geo 環境で 1 つのリージョンから別のリージョンにデータを移動するときに、データの移動元のリージョンに最大 30 日間残る場合があります。 その間、エンド ユーザーはそのデータにアクセスできません。 30 日の期間中に、そのデータはこのリージョンから削除され、破棄されます。
  • インポート済みおよび DirectQuery データ モデルのクエリ テキストとクエリ結果のトラフィックは、ホーム リージョンを通過しません。 レポートのメタデータは引き続きホーム リージョンからのものであり、特定の DNS ルーティングの状態で、このリージョンからそのようなトラフィックを受け取る可能性があります。
  • スクリーンショット、データ警告などの特定の機能によるデータ処理は、引き続きホーム リージョンで行われます。
  • 拡張メタデータ スキャンの一部としてキャッシュされる詳細なセマンティック モデル メタデータは、スキャンされたセマンティック モデルがリモート リージョンにある場合でも、常にホーム リージョンに保存されます。
  • データフロー機能は、この時点では Multi-GEO でサポートされていません。
  • データ所在地の要件を満たすために、リモートリージョンで大規模ストレージ形式のセマンティック モデルを作成して維持することができます。 ただし、ストレージ形式セマンティック モデルを別のリージョンに移動することはできません。 大規模ストレージ形式のセマンティック モデルを作成されたリージョンから移動すると、レポートでセマンティック モデルの読み込みに失敗します。 大規模ストレージ セマンティック モデルを元のリージョンに戻して使用できるようにしてください。 このようなモデルを移動する必要がある場合は、新しいモデルと同じように展開してから、不要なリージョンから古いモデルを削除します。
  • Multi-Geo では、Power BI のメトリックはサポートされていません。