Apple で PlayFab のサインインを設定する

このガイドでは、Apple でサインインを利用するために PlayFab アプリケーションを設定するために必要な一連の手順について説明します。

アプリケーション識別子を設定する

Apple でアプリケーションのサインインを使用する前に、Apple のデベロッパー ポータルの証明書、識別子、プロファイルのセクションでいくつかの設定手順に対処する必要があります。

  1. Apple デベロッパー プログラム アカウントにサインインします。

  2. [Certificates, Identifiers & Profiles](証明書、識別子、プロファイル) を選択します。

  3. [Identifiers](識別子) ウィンドウで、アプリケーション識別子を選択するか、(+) を選択して新しい識別子を作成します。

    注意

    新しい識別子を作成する場合、新しい識別子の種類として [App IDs](アプリ ID) を選択します。

  4. 機能の一覧をスクロールし、[Sign in with Apple](Appleでサインイン) を選択します。

  5. [Sign in with Apple](Apple でサインイン) 設定ポップアップで [Continue](続行) または [保存] を押します。

  6. アプリケーション識別子を完全に作成して更新します。

簡単にアクセスできる場所に識別子を保存します。 次の一連の手順で使用します。

Important

PlayFab では、IoS または MacOS タイトルからの Apple でのサインインのみがサポートされています。

PlayFab で Apple アドオンを設定する

以下の方法で PlayFab で Apple アドオンを設定します。

  1. ゲーム マネージャーにサインインします。

  2. [マイ スタジオとタイトル] ページからタイトルを選択します。

  3. [アドオン] ウィンドウで、[Apple] プラットフォームを選択します。

  4. Apple アドオンをインストールするには、[Install Apple](Apple をインストール) を選択します。

  5. iOS アプリ バンドル IDを、前のセクションで取得したアプリ ID に設定します。

    注意

    この時点で、ID トークンの有効期限を無視するかどうかを選択する必要があります。

    オプションは次のとおりです。

    • 有効期限を無視する: 安全性は低くなりますが、ユーザー エクスペリエンスは向上します。 ただし、Apple が署名キーをローテーションした場合、有効期限が切れた ID トークンは検証できなくなります。 この場合、ユーザーはサインインして新しい ID トークンを提供する必要があります。
    • 有効期限を尊重する: ユーザーのサインインが複数回発生する可能性がありますが、エクスペリエンスの安全性は高まります。 Apple ID トークンは現在、10 分後に有効期限が切れます。その後、タイトルは新しいトークンを取得するためにユーザーにもう一度サインインするよう要求する必要があります。
  6. 選択したユーザー エクスペリエンスに応じてID トークンの有効期限を無視するを設定します。

    ヒント

    ID トークンの有効期限を無視する場合、タイトルは Apple から取得した ID トークンをローカルに格納する必要があります。 ID トークンは、ログインするために毎回再利用されます。