Share via


HoloLens (第 1 世代) のカスタム アプリを管理する

HoloLens では、Microsoft Store の多くの既存のアプリケーションと、HoloLens 専用に構築された新しいアプリがサポートされています。 この記事では、カスタム ホログラフィック アプリケーションに焦点を合わせます。

ストア アプリの詳細については、ストアを使用したアプリの管理に関する記事を参照してください。

重要

次の情報は、HoloLens (第 1 世代) に対して作成され、当時 HoloLens Developer Edition とも呼ばれていました。 そのため、デバイス ポータルを使用してアプリをサイドローディングし、Visual Studio を使用してアプリをインストールすることが一般的でした。 エンタープライズ デプロイの場合、これらのどちらの方法でも使用される開発者モードを有効にすることは推奨されません。 セキュリティで保護されたアプリのデプロイ方法に関心がある場合は、「アプリ管理: 概要」を確認してください。

HoloLens 2 デバイスに対してアプリをインストールする開発者向けの方法を探している場合は、以下を参照してください。

カスタム アプリをインストールする

独自のアプリケーションを HoloLens にインストールするには、デバイス ポータル を使用するか、Visual Studio からアプリをデプロイします。

デバイス ポータルを使用してアプリケーション パッケージをインストールする

  1. デバイス ポータルからターゲット HoloLens への接続を確立します。

  2. 左側のナビゲーションで、[アプリ] ページに移動します。

  3. [アプリ パッケージ] で、アプリケーションに関連付けられている .appx ファイルを参照します。

    重要

    関連付けられている依存関係ファイルと証明書ファイルを参照するようにしてください。

  4. [Go] \(移動) を選択します。

    Microsoft HoloLens の Windows デバイス ポータルのアプリのインストール フォーム

Microsoft Visual Studio 2015 からのデプロイ

  1. アプリの Visual Studio ソリューション (.sln ファイル) を開きます。

  2. プロジェクトの [プロパティ] を開きます。

  3. /x86/リモート コンピュータービルド構成を選択します。

  4. リモート コンピューターを選択する場合:

    • そのアドレスが、HoloLens の Wi-Fi IP アドレスを指していることを確認します。
    • 認証を [ユニバーサル (暗号化されていないプロトコル)] に設定します。
  5. ソリューションをビルドします。

  6. 開発用 PC から HoloLens にアプリをデプロイするには、[リモート コンピューター] を選択します。 HoloLens に既存のビルドが既にある場合は、[はい] を選択して、この新しいバージョンをインストールします。

    Visual Studio での Microsoft HoloLens へのアプリのリモート コンピューター デプロイ

  7. HoloLens にアプリケーションがインストールされ、自動起動します。

アプリをインストールすると、[すべてのアプリ] の一覧 ([スタート]>[すべてのアプリ]) に表示されます。