ローカルに発行された BACKOUT Verb

Image that shows how the BACKOUT verb is issued locally.
ローカルで発行された BACKOUT 動詞

  1. リモート トランザクション プログラムからデータを受信するために、ローカル トランザクション プログラムによって、RECEIVE_AND_WAIT または MC_RECEIVE_AND_WAIT 動詞が発行されます (使用される会話が基本であるかマップであるかによって決まります)。 ベンダー API によって、動詞が Host Integration Server に透過的に渡されます。

  2. RECEIVE_AND_WAIT または MC_RECEIVE_AND_WAIT 動詞が、VCB の what_rcvd フィールドが AP_PS_HEADER に設定されて完了します。 データ バッファーには、PREPARE PS ヘッダーが含まれます。

  3. リモート TP からの送信を示す通知を受信するために、ベンダー API によって別の RECEIVE_AND_WAIT または MC_RECEIVE_AND_WAIT 動詞が発行されます。

  4. ベンダー API によって、トランザクション プログラムの RECEIVE_AND_WAIT または MC_RECEIVE_AND_WAIT 動詞が、VCB の what_rcvd フィールドに TAKE_SYNCPT が設定されて返されます。

  5. トランザクション プログラムから、トランザクションをバックアウトするために BACKOUT 動詞が発行されます。

  6. ベンダー API により、型 BACKOUT_RESYNC の SEND_ERROR または MC_SEND_ERROR 動詞が生成され、バックアウト センス コード 0x08240001 が送信されます。

  7. その後、ベンダー API により、CONFIRM または MC_CONFIRM 動詞が発行され、SEND_ERROR または MC_SEND_ERROR 動詞がフラッシュされ、リモート トランザクション プログラムからの応答が要求されます。

  8. CONFIRM または MC_CONFIRM 動詞は、リモート トランザクション プログラムから CONFIRMED または MC_CONFIRMED 動詞が発行されると完了します。 その後、ベンダー API から BACKOUT 動詞をローカル トランザクション プログラムに返されます。