ホスト ファイルの BizTalk Adapter の構成

概要

BizTalk Adapter for Host Files は、BizTalk オーケストレーションがホスト システムと対話できるようにする送受信アダプターです。 具体的には、アダプターを使用すると、TCP/IP および APPC 接続を介して送受信操作を行い、メインフレームと AS/400 プラットフォームで実行されるファイルをホストできます。 Host Integration Serverテクノロジに基づいて、アダプターは Data Access Library メタデータ アセンブリを使用して接続を構成し、Microsoft .NET Framework データ プロバイダーはホスト ファイルを使用してSQLコマンドとストアド プロシージャを発行します。

アダプターは、次の 2 つの主要な機能を提供します。

  • 送信操作 (One Way と Solicit Response の両方) の場合、アダプターはSQLコマンドとシステム コマンドをホスト ファイル インスタンスに送信し、応答を要求するオプションを指定します。

  • 受信操作 (一方向のみ) の場合、アダプターはホスト ファイル オブジェクトをポーリングし、行ごとのメッセージを作成するSQL コマンドを作成し、そのメッセージを BizTalk メッセージ システムに送信します。

    さらに、BizTalk Adapter for Host Files では、トラブルシューティング メカニズムとして標準の BizTalk アダプター トレース ツールが使用されます。

注意

BizTalk Adapter for Host Files は、非トランザクション アダプターです。 つまり、一度アクションを実行すると、元に戻したりロールバックしたりすることはできません。

メタデータ アセンブリを作成する

アダプターをインストールした後、BizTalk Serverするリモート システムを記述するメタデータ アセンブリを作成できます。

Visual Studioでホスト ファイル アプリケーションを作成するプロセスの一環として、ホスト ファイル システムのレイアウトについて説明します。 このプロセスでは、メタデータ アセンブリとスキーマの両方が作成されます。 メタデータ アセンブリはリモート ホスト ファイル システムのプログラムによる表現ですが、スキーマはホスト ファイル システムの XML 表現です。 メタデータ アセンブリを使用して、BizTalk Serverするホスト ファイル システムを記述します。

Visual Studioでホスト ファイル アプリケーションを作成する方法の詳細については、「ホスト ファイルのマネージド Data Providerを使用したアプリケーションの作成」を参照してください。

送信ポートの作成

BizTalk Server Administrators グループのメンバーであるアカウントでサインインします。

  1. BizTalk Server管理で、BizTalk グループを展開し、[アプリケーション] を展開し、アプリケーションを選択します。

  2. [ 送信ポート] を右クリックし、[ 新規] を選択し、[ 静的一方向送信ポート ] または [ 送信要求応答送信ポート] を選択します。

  3. 送信ポートのプロパティで、トランスポートの種類ホスト ファイルに設定します。 [ 構成] を選択し、次のプロパティを入力します。

    プロパティ 目的
    接続文字列 ホスト ファイル データベースへの接続に使用される接続文字列の名前。

    新規または既存の接続文字列を構成するには、省略記号 (...) をクリックします。 これにより、データ ソース ウィザードが起動します。 ヘルプにアクセスするには、ウィザード ページの [ヘルプ] をクリックするか、Host Integration Server ヘルプを開き、データ ソース ウィザード (ホスト ファイル) を参照します。
    [ドキュメントのターゲットの名前空間] ホストに送信される XML ドキュメントで使用されるターゲット名前空間。
    [応答のルート要素名] ホストから受信した XML ドキュメントで使用されるルート要素名。 (一方向ポートの場合、このプロパティは空である可能性があります)。
    URI 一様リソース識別子。 送信ポートの場所を識別する名前。
  4. [OK] を選択して変更を保存します。

  5. 送信ハンドラーで、アダプターを実行するホスト インスタンスを選択し、送信パイプラインを選択します。

  6. [OK] を選択して変更を保存します。

  7. [送信ポート] で、新しい送信ポートを右クリックし、[参加] を選択し、[開始] を選択します。

受信ポートと場所を作成する

BizTalk Server Administrators グループのメンバーであるアカウントで署名します。

  1. BizTalk Server管理で、BizTalk グループを展開し、[アプリケーション] を展開し、アプリケーションを選択します。

  2. [ 受信ポート] を右クリックし、[ 新規] を選択し、[ 静的一方向受信ポート] を選択します。 受信ポートのプロパティを構成し、[OK] を選択して変更を保存します。

  3. [ 受信場所] を右クリックし、[ 新規] を選択し、[ 一方向の受信場所] を選択します。 作成した受信ポートを選択し、[ OK] を選択します

  4. 受信場所のプロパティで、トランスポートの種類HostFiles に設定します。 [ 構成] を選択し、次のプロパティを入力します。

    プロパティ 目的
    接続文字列 ホスト データベースへの接続に使用する接続文字列の名前を入力します。

    新規または既存の接続文字列を構成するには、省略記号 (...) をクリックします。 これにより、データ ソース ウィザードが起動します。 ヘルプにアクセスするには、ウィザード画面で [ヘルプ] をクリックするか、Host Integration Serverヘルプを開き、データ ソース ウィザード (ホスト ファイル) を参照します。

    BizTalk Adapter for Host Files に基づいて受信場所または送信ポートを構成する場合、メタデータ定義は、レコードをエンコードおよびデコードするためのホスト統合デザイナー XML (HIDX) メタデータ ファイルとして作成する必要があります。 HIDX ファイルを作成する方法については、「ホスト ファイルのマネージド Data Providerを使用したアプリケーションの作成」を参照してください。
    [ドキュメントのルート要素名] ホストから受信した XML ドキュメントで使用されるルート要素名。
    [ドキュメントのターゲットの名前空間] ホストから受信した XML ドキュメントで使用されるターゲット名前空間。
    SQL コマンド ポーリング間隔ごとに 1 回実行される Select コマンド。
    Update コマンド 受信操作の各行が処理された後に実行されるコマンド。 SQL コマンドのテーブルから行を削除する delete ステートメント、または 1 つ以上の行を静的に変更する更新コマンドを指定できます。 このオプションを指定する場合、SQL コマンドは Select ステートメントで、1 つのテーブルにアクセスする必要があります。

    省略記号 (...) ボタンをクリックすると、追加のプロパティを指定できます。 [コマンドの 変更 ] ダイアログ ボックスが開き、次の 3 つのオプションが提供されます。

    - [何もしない ] を選択すると、他の 2 つのオプションがクリアされます。
    - 読み取り後に削除 すると、アダプターが行を読み取った後に行が削除されます。
    - Update を使用すると、更新するSQL コマンドを入力できます。
    URI 一様リソース識別子。 受信ポートの場所を示す名前。
    ポーリング間隔 ポーリング要求間のユニット数。 使用できる範囲は 1 から 65535 です。
    [ポーリング単位] ポーリング要求間で使用される測定単位 (秒、分、または時間)。 既定値は秒です。
  5. [OK] を選択して変更を保存します。

  6. 受信ハンドラーの場合は、ホスト インスタンスを選択します。 受信ハンドラーは、このホストで実行される必要があります。 受信パイプラインを選択します。

  7. [OK] を選択して変更を保存します。

  8. [受信場所] で、受信場所を右クリックし、[有効] を選択します。

スキーマを作成する

ホスト ファイル スキーマ生成ウィザードを使用して、BizTalk Adapter for Host Files の XSD スキーマを作成します。 スキーマを作成したら、BizTalk Server側で構成を続行する準備が整います。

  1. BizTalk Server Visual Studio プロジェクトを開きます。

  2. プロジェクトを右クリックし、[ 追加] を選択し、[ 生成された項目の追加] を選択し、[ アダプター メタデータの追加] を選択します。

  3. アダプターの追加ウィザードの [アダプターの 選択 ] ページで、[ ホスト ファイル] を選択し、[ 次へ] を選択します。

  4. ホスト ファイル アダプター スキーマ生成ウィザードで、次の操作を行います。

    1. データベース情報で、既存の接続文字列を参照するか、新しい接続文字列を作成します。

      初期カタログ、パッケージ コレクション、(TCP アドレスとポート)、または (APPC ローカル LU、リモート LU、モード)、(ユーザー名とパスワード)、または (統合セキュリティ) を指定できます。 最大長は 1024 です。

    2. スキーマ情報で、スキーマで使用する既定の名前空間、ルート要素、およびポートの種類を定義します。

      [受信ポート] を選択した場合は、要求ドキュメントのルート要素名のみが必要です。 [ポートの 送信] を選択した場合は、要求と応答のドキュメントのルート要素名が必要です。

    3. [ ステートメントの種類情報] で、発行するデータベース コマンドの種類を選択します。

      前のページで送信ポートを選択した場合は、アップデートグラム、ストアド プロシージャ、または SELECT ステートメントを発行することを選択できます。 受信ポートを選択した場合、この手順は不要です。

    4. [ ステートメント情報] に、ホスト ファイルに関する詳細を入力します。 前のページで入力した情報に応じて、次のプロパティを入力します。 送信ポートを選択した場合:

      • Updategram の送信 送信ポートとアップデートグラムを使用する場合は、ここでアップデートグラム操作を選択できます。また、アップデートグラムに存在するテーブルと列も選択できます。

      • システム コマンドの送信 送信ポートを使用してストアド プロシージャを発行する場合は、現在の接続のカタログからストアド プロシージャを選択できます。 このページのすべてのパラメーターに値を入力する必要はありません。

      • Select ステートメントの送信SQL Select ステートメントで送信ポートを使用する場合は、ここでステートメントを選択または参照できます。

      受信ポートを選択した場合:

      • Select ステートメントの受信SQL ステートメントで受信ポートを使用することを選択した場合は、ここでステートメントを選択または参照できます。

      • Updategram の送信 送信ポートとアップデートグラムを使用する場合は、ここでアップデートグラム操作を選択できます。また、アップデートグラムに存在するテーブルと列も選択できます。

      • ストアド プロシージャの送信 送信ポートを使用してストアド プロシージャを発行する場合は、現在の接続のカタログからストアド プロシージャを選択できます。 このページのすべてのパラメーターに値を入力する必要はありません。

      • Select ステートメントの送信SQL Select ステートメントで送信ポートを使用する場合は、ここでステートメントを選択または参照できます。

  5. 完了したら「完了」を選択します。

BizTalk アプリケーションを作成する

スキーマを作成したら、BizTalk アプリケーションをコーディングできます。 アプリケーションでは、作成したスキーマとポートに加えて、Visual Studioで作成したメタデータ アセンブリを使用します。

  1. Visual Studioで BizTalk プロジェクトを作成します。

  2. 作成したスキーマを使用して、BizTalk アプリケーションにホスト ファイル システムを記述します。

  3. 作成した送信ポートを使用して、ホスト ファイル システムにデータを送信します。

  4. 必要に応じて、作成した受信ポートと場所を使用します。

  5. 必要に応じて、オーケストレーション、コンポーネント、またはコードを追加します。

  6. その後、アプリケーションをテストします。

  7. アプリケーションのテストが完了したら、.msi パッケージを作成して、アプリケーションをステージング サーバーまたはライブ サーバーに移動します。 BizTalk Server .msi パッケージを作成するときは、作成したホスト ファイル メタデータ アセンブリを必ず含めてください。

参照

ホスト ファイル用マネージド データ プロバイダー