バッファー ヘッダーの形式 (SNADIS)

このトピックでは、バッファーヘッダーの先頭で常に発生する共通フィールドを示します。 その後に、特定のメッセージに固有のフィールドが追加されます。 個々のメッセージ形式の詳細については、「 Snadis メッセージ形式」を参照してください。

フィールド Type 説明
PTRBFHDR nxtqptr バッファーがキューに格納されている場合、このフィールドは、キュー内の次のバッファーのヘッダーを指します (キュー内の最後のバッファーの場合は NULL)。 バッファーがキューに格納されていない場合、このフィールドはそれ自体を指します。 Host Integration Server バッファー管理ルーチンはこれを使用して、バッファーの破損をチェックします。
PTRBFELT hdreptr バッファー要素の関連付けられたチェーン内の最初のバッファー要素へのポインター。メッセージがバッファーヘッダーのみで構成されている場合は NULL です。
CHAR numelts ヘッダーから連結されたバッファー要素の数。 メッセージがバッファーヘッダーのみで構成されている場合は0。
CHAR msgtype メッセージの種類。 詳細については、「 Snadis メッセージ形式の個々のメッセージの説明」を参照してください。
CHAR srcl ソースの局所性。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください。
CHAR srcp ソース パートナー。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください。
INTEGER srci ソース インデックス。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください。
CHAR destl 宛先の局所性。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください。
CHAR destp 宛先パートナー。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください。
INTEGER desti 宛先インデックス。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください。

注意

Open (LINK)要求のopresidなど、2バイトを占有するフィールドは通常、ソフトウェアを実行するプロセッサによって使用される通常の向きに関係なく、最も下位のバイトアドレスの arithmetically 最上位バイトで表されます。 つまり、2バイト値0x1234 には、最下位バイトアドレスのバイト0x12 があります。 ただし、次のフィールドは例外です。

  • Buffer ヘッダーの srci フィールドと 対象 フィールドは、それらを割り当てるアプリケーションのローカル形式で格納されます (割り当てアプリケーションのみがこれらの値を解釈する必要があります)。

  • 要素の startd フィールドと endd フィールドは、常に、低バイトの高バイトの方向 (Intel プロセッサの通常の向き) で格納されます。