要素内の列を定義します。

<hostIntegration. drdaAr. staticSql>
<packages>
<package>
<sections>
<section>
<resultSet>
<columns>

構文

<hostIntegration.drdaAr.staticSql>        <packages>                <package>                        <sections>                                <section>                                        <resultSet>                                                <columns>                                                        <column>                                                        </column>                                                </columns>                                        </resultSet>                                </section>                        </sections>                </package>        </packages></hostIntegration.drdaAr.staticSql>  

属性および要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

属性 Type 説明 必須 既定値
ordinal xs:int 0から始まる列配列内の位置を指定します。 true N/A
name xs:string 名前。 DB2 for z/OS では、128バイトの文字列を使用できます。 DB2 for i5/OS では、128バイトの文字列を使用できます。 DB2 for Linux、UNIX、または Windows は128バイトの文字列を受け入れます。 true N/A
drdaar: parameterTypes 型は、ターゲットの DB2 サーバープラットフォームとバージョンでサポートされている名前または省略形を使用して定義されます。 サポートされる値については SQL リファレンスを参照してください。有効な値は true N/A
length xs:int 長さは、ターゲットの DB2 サーバープラットフォームとバージョンでサポートされている値を使用して定義されます。 サポートされる値については SQL リファレンスを参照してください。 true N/A
精度 xs:int 有効桁数は、対象の DB2 サーバープラットフォームとバージョンでサポートされている値を使用して定義されます。 サポートされる値については SQL リファレンスを参照してください。 true N/A
scale xs:int Scale は、ターゲットの DB2 サーバープラットフォームとバージョンでサポートされている値を使用して定義されます。 サポートされる値については SQL リファレンスを参照してください。 true N/A
ccsid xs:int コード化文字セット識別コードは、対象の DB2 サーバープラットフォームとバージョンでサポートされている値を使用して定義されます。 サポートされる値については SQL リファレンスを参照してください。 true N/A
null 許容 xs:boolean Null 値の許容は、true または false を使用して指定します。 false false

子要素

なし

親要素

要素 説明
TBD