要求 - 応答とメッセージを関連付ける

MQSeries の要求/応答シナリオで BizTalk Server オーケストレーション内のメッセージを関連付けるには、2つの方法があります。 1つ目は、MessageID (MQMD_MsgID) と CorrelationID (MQMD_CorrelationID) の両方を同じ値に設定することによって関連付け識別子を指定することです。 もう 1 つは、BizTalk_CorrelationId コンテキスト プロパティを使用する方法です。

MQSeries キューマネージャーにメッセージを送信するときに、メッセージ識別子 (MQMD_MsgID) と関連付け識別子 (MQMD_CorrelationID) を、送信メッセージの同じ値に設定できます。 MQSeries キューマネージャーは、MessageID を応答メッセージの CorrelationID にコピーします。 送信メッセージの関連付けセットを初期化し、MQMD_CorrelationID の値を使用して受信メッセージの関連付けセットに従うことができます。

また、MessageID と CorrelationID を送信メッセージの同じ値に設定する代わりに、BizTalk Adapter for MQSeries の送信請求-応答の送信ポートで BizTalk_CorrelationID context プロパティを使用できます。

BizTalk オーケストレーションでの関連付けに MQSeries Server が提供する識別子を使用するには、最初に識別子を取得する必要があり BizTalk Server ます。 アプリケーションはこの処理を、送信請求 - 応答の要求を通じて行います。 BizTalk Server は、mqsc アダプターを使用して送信請求-応答要求を MQSeries サーバーに送信します。 返されると、メッセージ識別子 (MQMD_MsgId) と相関 id (MQMD_CorrelationId) を使用して応答を受信します。

送信請求-応答の送信ポートの送信メッセージの場合、アダプターは MQSeries によって生成された MQMD_MsgID を MQSeries.BizTalk_CorrelationId のコンテキストプロパティにコピーします。

メッセージを受信すると、アダプターによって MQMD_CorrelationId が MQSeries.BizTalk_CorrelationId にコピーされます。 この場合、関連付けセットを使用して送信メッセージの関連付けセットを初期化し、MQSeries.BizTalk_CorrelationId の値を使用して受信メッセージの関連付けセットに従うことができます。

参照

クライアント ベースの BizTalk Adapter for WebSphere MQ プログラマー ガイド