データの暗号化

データ暗号化は、クライアント コンピューターとクライアントコンピューター間のトラフィックHost Integration Serverユーザーごとにセキュリティで保護するのに役立ちます。 クライアント コンポーネントとサーバー コンポーネントがあります。 データ暗号化は、アプリケーション API (アプリケーション プログラム インターフェイス) に書き込Host Integration Serverに透過的に実装されます。 Host Integration Server クライアント API を使用するために記述されたサード パーティ エミュレーターなどのソフトウェアは、暗号化の恩恵を自動的に受ける可能性があります。

Host Integration Serverを使用すると、クライアントとサーバー間の通信用にデータを暗号化できます。

クライアント間暗号化を使用すると、クライアント ワークステーションとコンピューター間でHost Integration Serverテキストで情報Host Integration Serverされません。 データ暗号化により、3270/5250 エミュレーターや APPC ログオン ID とパスワードなど、Host Integration Server クライアント接続を使用するすべてのアプリケーションのクライアント間通信パスでのネットワーク セキュリティが強化されます。 データ暗号化は既定で有効になっています。

サーバー間暗号化を使用すると、ネットワーク、インターネット、または他のワイド エリア ネットワーク間のより安全な通信を提供できます。 ユーザーがデータ暗号化を有効にした場合、Distributed Link Service (DLS) を介して転送される情報は自動的により安全になります。

Host Integration Serverを使用すると、クライアントとサーバー間の通信用にデータを暗号化できます。

クライアント間暗号化を使用すると、クライアント ワークステーションとコンピューター間でHost Integration Serverテキストで情報Host Integration Serverされません。 データ暗号化により、3270/5250 エミュレーターや APPC ログオン ID とパスワードなど、Host Integration Server クライアント接続を使用するすべてのアプリケーションのクライアント間通信パスでのネットワーク セキュリティが強化されます。 ユーザー単位でデータ暗号化を有効にするには、SNA Manager のHost Integration Server使用します。

サーバー間暗号化を使用すると、ネットワーク、インターネット、または他のワイド エリア ネットワークをまたがって、より安全な通信を提供できます。 ユーザーがデータ暗号化を有効にした場合、Distributed Link Service (DLS) を介して転送される情報は自動的にセキュリティで保護されます。

Distributed Link Service では、SnaBase や SnaServer などの Host Integration Server サービスが実行されているドメイン ユーザー アカウントを SNA サブドメインに追加することで、データ暗号化が有効になります。 実際の暗号化は、アプリケーション アーキテクチャのトランスポート プロバイダー レイヤー Host Integration Serverされます。 その後、前述のように、ユーザー アカウントのデータ暗号化設定を有効にできます。

参照

Windows セキュリティについて