Extract_TP_Name (CPI-C)

Extract_TP_Nameの呼び出し (関数名cmetpn) は、 TP_nameの特性を返します。

構文

  
CM_ENTRY Extract_TP_Name(   
  unsigned char FAR *conversation_ID,    
  unsigned char FAR *TP_name,            
  CM_INT32 FAR *TP_name_length,          
  CM_INT32 FAR *return_code              
);  

パラメーター

conversation_ID
指定されたパラメーター。 メッセージ交換の識別子を指定します。 このパラメーターの値は Initialize_Conversation または Accept_Conversationによって返されました。

TP_name
返されたパラメーター。 トランザクションプログラム (TP) 名を含む変数を指定します。

TP_name_length
返されたパラメーター。 TP 名の長さを指定します。

return_code
この呼び出しから返されたコード。 有効なリターンコードについては、このトピックの後半で説明します。

リターン コード

CM_OK
プライマリリターンコード。呼び出しが正常に実行されました。

CM_PROGRAM_PARAMETER_CHECK
プライマリリターンコード。 conversation_ID によって指定された値が無効です。

CM_PRODUCT_SPECIFIC_ERROR
プライマリリターンコード。製品固有のエラーが発生し、製品のエラーログに記録されました。

State Changes (状態の変化)

メッセージ交換は、RESET 以外の任意の状態にすることができます。

状態の変更はありません。

解説

呼び出し元のプログラムの場合、 TP_nameの特性はInitialize_Conversation呼び出しのsym_dest_nameパラメーターで参照されているサイド情報の値です。 呼び出し可能なプログラムの場合、これは、メッセージ交換のスタートアップ要求で指定された名前 (ローカルまたは Specify_Local_TP_Name の呼び出しで指定された名前と一致したもの) であるため、パートナープログラムの TP_name 特性と同じになります。

返される名前の長さは最大64バイトです。