TI マネージャーを開始する方法

TI (トランザクションインテグレーター) マネージャーは、さまざまな方法で開始できます。

  • [ スタート ] メニューを使用する

  • Microsoft 管理コンソール (MMC) を起動し、適切なスナップインコンソールを追加します。

  • 保存されている MMC 構成ファイル (.msc ファイル) をダブルクリックします。

  • コマンドプロンプトでコマンドラインを入力する

  • [スタート] メニューの [実行] コマンドを使用する

    また、管理コンソールから TI マネージャーを起動することもできます。 その後、MMC の構成を .msc ファイルとして保存し、後で .msc ファイルをダブルクリックして起動できるようにすることができます。 この手法は、TI マネージャースナップインに加えて他のスナップインを MMC に追加する場合に便利です。

スタートメニューから TI マネージャーを起動するには

  • [スタート] をクリックし、[プログラム]、[ Host Integration Server]、[アプリケーション統合] の順にポイントして、[ TI マネージャー] をクリックします。

管理コンソールから TI マネージャーを起動するには

  1. 次のいずれかの方法で MMC を起動します。

    1. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、「mmc」と入力して、[OK] をクリックします。

    2. コマンドプロンプトで「」と入力 mmc し、enter キーを押します。

  2. コンソールメニューで、[スナップインの追加と削除] をクリックします。

  3. [スナップインの追加と削除] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。

  4. [ スタンドアロンスナップ インの追加] ダイアログボックスで、[ TI マネージャー] をダブルクリックします。

  5. [ 管理するコンピューターの指定 ] ダイアログボックスで、[ ローカルコンピューター] をクリックします。

  6. [完了] をクリックします。

  7. [ スタンドアロンスナップ インの追加] ダイアログボックスで、[ コンポーネントサービス (または Microsoft トランザクションサーバー)] をダブルクリックします。

  8. [スタンドアロン スナップインの追加] ダイアログ ボックスで [閉じる] をクリックします。

  9. [スナップインの追加と削除] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

    たとえば、構成を MyCOMTI .msc などとして保存した場合は、ファイル名をダブルクリックすることで、後で再度実行できます。

コマンドから TI マネージャーを起動するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、 [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. 次のように入力します。

    MMC "c:\Program Files\Host Integration Server\System\ComtiComPlus.msc"

  3. [OK] をクリックします。

    パスにスペースが含まれているため、引用符が必ず含まれていることを確認してください。

コマンドラインからの TI マネージャーの起動

また、コマンドラインから TI マネージャーを起動することもできます。 Runコマンドまたはコマンドプロンプトを使用する場合は、.msc ファイルのパスとファイル名を指定します。 Microsoft では、Host Integration Server \System フォルダーに2つの .msc ファイル (com、および .msc と comtimservices.msc) を用意しています。 次の手順に例を示します。

以前に TI マネージャーをリモートコンピューターに追加した場合は、コマンドラインを使用して、そのコンピューターの名前がわかっている場合は、リモートコンピューターの TI マネージャーを起動できます。 ただし、リモートコンピューターのコンソールを追加したときに、[選択したコンピューターをコマンドラインから起動するときに変更を許可する] オプションを有効にする必要があります。 たとえば、Windows ネットワーク内の別のコンピューターに myothercomti という名前のファイルを作成した場合は、次の手順に従ってローカルコンピューターで実行できます。

コマンドラインからリモート TI マネージャーを起動するには

  1. [スタート] ボタンをクリックし、 [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. 次のように入力します。

    MMC "C:\Program Files\Host Integration Server\System\MyOtherCOMTI.msc" /computer=computername

  3. [OK] をクリックします。

    /Computer = computernameオプションを追加すると、1台のコンピューターからすべての TI 環境を構成したり、管理したりすることができます。

参照

TI マネージャーを使用したリモート環境の作成と管理
TI コンポーネントの作成と管理