Icom3270.wait メソッド

wait メソッドは、セッションが入力が許可されている状態に入るか、画面が変更されるまで待機します。

構文

  
void Wait(  
   uint howLong,  
   int waitForUpdate  
)  

パラメーター

パラメーター
howLong 0.5 秒の単位で測定された期間。スレッドが入力を有効にするか、画面を更新するために放棄する必要があります。 0xffffffffは、スレッドが無期限に待機する必要があることを示します。
waitForUpdate false の場合、セッションが入力許可状態になるとすぐに、このメソッドは を返します。

セッションが現在入力許可状態の場合、セッションは直ちに戻ります。

詳細については、「解説」を参照してください。

戻り値

説明
S_OK セッションは入力に使用できます。
C3270_S_SIZECHANGED セッションは入力に使用できますが、待機の呼び出し中に画面サイズが変更されました。 新しい画面サイズを決定するには、getScreenSize を実行する必要があります。
C3270_E_SESSIONBUSY 3270 セッションはまだビジー状態ですが、howLong で指定されたタイムアウト期間が期限切れになりました。

待機を再度呼び出す前に、必要な処理を実行する必要があります。
C3270_E_SESSSIONLOCKED 3270 セッションは、ローカルロック条件によりロックされます。

エラーの理由を判別するには、このIAIAバッファーを調べる必要があります。 もう一度待機を呼び出したり、他の回復アクションを実行したりする前に、キーボードのロックを解除するために RESET キーストロークを送信することもできます。
C3270_E_SESSIONFAILURE 3270 セッションが失敗しました。 待機の進行中に、PLU_SLUセッションまたは SSCP セッションが非アクティブ化されました。

セッションのIAIAのセッション状況を調べて、適切なリカバリー・アクションを実行する必要があります。
C3270_E_SYSERROR 内部エラーが原因でメソッドが失敗しました。

注釈

待機を呼び出すと、アプリケーションがアクティブで、ホストに接続され、データを待機しているときに、セッションでホストからのメッセージを処理できます。

ホストがキーボードのロックを解除し、別の操作で画面の更新を送信する場合は、waitForUpdate を true に設定する必要があります。 特に、SSCP セッションでこれを行う必要があります。このセッションでは、クライアントからのデータに対する SNA 応答の受信時に入力が有効になります。 応答データは、後続のメッセージに送信されます。