独立 APPC LU

APPC では、独立 LU によりピア システムと直接通信することができ、ホスト コンピューターのサポートは必要ありません

独立 APPC LU により、1 組の LU 間で複数の同時実行の並列セッションを実行する機能が提供されます。 独立 APPC LU を使用するプログラムはトランザクション プログラム (TP) と呼ばれ、ターミナル エミュレーション、データ転送、データベースのクエリや更新などのあらゆる種類のサービスを提供できます。

次の図は、独立ローカル APPC LU でピア システムと直接通信する方法を示しています。

Image that shows independent APPC LU communications with a peer system.
独立 APPC LU のピア システムとの通信

APPC-APPC 接続上の TP 間の相互作用は、モードによって決まります。 モードは、LU に割り当てるか、セッションが最初に確立するときに指定できます。 モードの詳細については、このセクションで後述する「APPC モード定義」を参照してください。

独立 APPC LU を構成する場合は、以下に注意してください。

  • 独立ローカル APPC LU がメインフレーム上の TP と通信する場合、ホスト システムでは、VTAM バージョン 3、リリース 2 以降を、NCP バージョン 5、リリース 2 以降 (3745 システム) または NCP バージョン 4、リリース 3 以降 (3725 システム) のいずれかと共に使用する必要があります。

  • ホストと通信する独立 LU の場合は、VTAM または NCP Gen で LOCADDR パラメーターを 0 に設定する必要があります。

  • 独立 APPC に使用される接続では、交換 ID (XID) の種類は形式 3 である必要があります。

  • ネットワーク名パラメーターが必要です。 既定値は、Host Integration Server のネットワーク名です。

  • ネットワーク上の他のコンポーネントに対してローカルおよびリモートの APPC LU を識別するために、LU 名パラメーターが必要です。 3270 LU とは対照的に、独立 APPC LU には LU 番号は必要ありません。

  • リモート APPC LU で並列セッションがサポートされている場合、並列セッション制限の値が 1 より大きいモードでのみ使用できます。

関連項目

接続について