CPI-C の概要

Communication の共通プログラミングインターフェイス (CPI-C) は、Systems Network Architecture (SNA) 環境内のプログラム間でのピアツーピア通信を可能にするアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) です。

CPI-C を通じて、ネットワークを介して分散されたプログラムは連携して連携し、相互に通信し、データを交換することで、リモートデータベースへのクエリ、リモートファイルのコピー、電子メールの送受信などの単一の処理タスクを実行できます。

このセクションに記載されている cpi-c の呼び出しと情報は、cpi-c バージョン1.2 と、複数のアプリケーションと非同期呼び出しの完了を可能にする一連の Windows 拡張機能で構成される cpi-c® Windows、進化する Microsoft®を表しています。

2つのアプリケーションが相互に対話してリッスンできるようにするための手段を提供するために、最初に CPI-C バージョン1.0 が導入されました。言い換えると、メッセージ交換が必要です。 メッセージ交換とは、プログラムが相互に通信できるようにする2つのプログラム間の論理的な接続です。 CPI-C を使用するプログラムは、プログラムの呼び出しを行うことによって、互いに逆のやり取りを行います。 これらの呼び出しは、メッセージ交換の完全な特性を確立し、データを交換し、2つのプログラム間の情報フローを制御するために使用されます。

CPI-C バージョン1.1 には、次の4つの新機能が含まれています。

  • リソース回復のサポート (Windows cpi-c ではサポートされていません)。

  • パラメーターの自動変換。

  • CPI-C 以外のプログラムとの通信をサポートします。

  • ローカルおよびリモートの透過性。

    CPI-C バージョン1.1 に基づいて構築され、X/Open cpi-c cpi-c によって次のようになりました。

  • 非ブロッキング呼び出しのサポート。

  • 複数のメッセージ交換を受け入れる機能。

  • (パラメーターを超えた) データ変換のサポート。

  • セキュリティパラメーターのサポート。

    Cpi-C バージョン1.2 統合 CPI-C バージョン1.1 と X/Open CPI-C-C。前に説明したすべての関数を提供します。 Windows cpi-c は、次の機能を除き、cpi-c バージョン1.2 のほとんどの機能をサポートするだけでなく、非同期通信用の一連の拡張機能を提供することによって、この機能に追加されます。

  • 全二重操作。

  • 非ブロッキング呼び出し動作 (CPI-C 1.2 仕様で定義されている)。

  • 一部のデータ変換関数。

    サポートされていない関数の完全な一覧については、「 Cpi-c Functions サポートされていません」を参照してください。

    Windows オペレーティングシステムで cpi-c インターフェイスを使用すると、呼び出しプロセス内に追加のスレッドが作成されます。 これらの他のスレッドは、クライアントが使用するように構成されているローカルエリアネットワーク (LAN) インターフェイス (たとえば、TCP/IP または名前付きパイプ) を介して、SNA サービスとのプロセス間通信を実行します。

    SNABASE サービスを停止すると、アプリケーションがメモリからアンロードされます。

    このセクションには、次のトピックが含まれています。

  • Windows CPI-C 非同期のサポート

  • Windows CPI-C の考慮事項

  • 非同期呼び出し完了

  • 最初の会話の特性

  • CPI-C プログラムのサイド情報

  • CPI-C プログラムの構成

  • Windows の CPI-C の考慮事項

  • CPI-C に関する詳細情報を検索する