CSV の発行

CSV を発行する手順については、「 CONVERTを使用する次のサンプルコード」を参照してください。

CSV を発行するには

  1. 動詞を発行する動詞に適用される動詞コントロールブロック (VCB) 構造体から構造体変数を作成します。

    #include <wincsv.h>  
        .  
        .  
    struct convert  conv_block;  
    
    

    VCB 構造体は、WINCSV で宣言されています。H ファイル。これらの構造体の1つには CONVERTという名前が付けられます。

  2. 構造体内の変数をクリアします (ゼロに設定します)。

    memset( conv_block, '\0', sizeof( conv_block ) );  
    
    

    この手順は必要ありません。 ただし、メモリの内容のデバッグと読み取りに役立ちます。 また、現在のバージョンで無視されるフィールドに対して、動詞の将来のバージョンが影響を受ける可能性もなくなります。

  3. 必要な VCB 変数に値を割り当てます。

    conv_block.opcode = SV_CONVERT;  
    conv_block.direction = SV_ASCII_TO_EBCDIC;  
    conv_block.char_set = SV_AE;  
    conv_block.len = sizeof(tpstart_name);  
    conv_block.source = (LPBYTE) tpstart_name;  
    conv_block.target = (LPBYTE) tpstart.tp_name;  
    
    

    SV_CONVERT、SV_ASCII_TO_EBCDIC、および SV_AE 値は、整数を表す記号定数です。 これらの定数は WINCSV で定義されています。H ファイル。

    TPSTART_NAME 文字配列には、EBCDIC に変換され、文字配列 TPSTART に配置される ASCII 文字列が含まれています。TP_NAME。

  4. 動詞を呼び出します。 唯一のパラメーターは、動詞の VCB を含む構造体のアドレスへのポインターです。

    ACSSVC((LONG) &conv_block);  
    
    

    また、次のステートメントを使用することもできます。

    ACSSVC_C((LONG) &conv_block);  
    
    
  5. 動詞によって返される値を使用します。

    if( conv_block.primary_rc == SV_OK ) {  
    /* other statements */  
        .  
        .  
        .