LUA_VERB_RECORD

論理ユニットアプリケーション (LUA) の動詞制御ブロック (VCB) 構造は次のとおりです。

typedef struct LUA_VERB_RECORD {  
    struct LUA_COMMON common;  
    union LUA_SPECIFIC specific;  
} LUA_VERB_RECORD;  

解説

VCB の共通部分でパラメーターにアクセスするには、構造体のメンバー名を commonに含める必要があります。 たとえば、 Lua_Verbという名前の動詞レコード構造を使用する場合は、 lua_prim_rc メンバーに Lua_Verb としてアクセスします。 _prim_rcです。

VCB の特定の部分にあるパラメーターにアクセスするには、union メンバー名に固有の名前を含める必要があります。たとえば、 Lua_Verbという動詞レコード構造を使用してRUI_BIDを発行する場合、そのlua_peek_dataメンバーにはLua_Verb _peek_dataとしてアクセスします。

LUA VCB の構造と関連する値の完全な一覧については、「 Lua 動詞制御ブロック」を参照してください。