SSCP 接続を開く

アプリケーションでシステム サービス制御ポイント (SSCP) セッションへのアクセスを取得するには、ローカル ノードへの SSCP 接続を開きます。 そのために、アプリケーションからローカル ノードに Open(SSCP) Request メッセージを送信すると、応答として Open(SSCP) Response を受け取ります。 ローカル ノードからは、肯定 Open(SSCP) Response に続いて、SSCP セッションの現在の状態を報告する Status-Session メッセージが送られます。 (詳細については、SSCP セッションの使用に関する記事を参照してください)。

次の図は、メッセージのフローを示したものです。 SSCP とプライマリ論理ユニット (PLU) 両方のセッションの初期化中に使用されるローカリティ、パートナー、インデックス (LPI) の値など、より詳細なメッセージ フローを示す図については、「PLU 接続を開く」を参照してください。

Image that shows the message flow between a local node and an application.
ローカル ノードとアプリケーションの間のメッセージ フロー

このセクションの内容