レコードセットとデータテーブル

レコードセットは、固定サイズ、境界、または非バインドテーブルで、ホストデータ宣言 (データ型) の単純な行を含むオートメーションオブジェクトです。 Datatable は、datatable で newrecordset 関数を使用できない点を除いて、レコードセットと同じである .net オブジェクトです。 Recordset オブジェクトまたは datatable オブジェクトを取得した後、そのオブジェクトのメソッドを呼び出して、その行にアクセスできます。

レコードセットまたは datatable は、Microsoft Data Access Components (MDAC) バージョン2.5 の一部であるリモートデータサービス (RDS) によって、行セットの上位に実装されます。 RDSServer オブジェクトを使用してレコードセットまたは datatable を作成し、ActiveX® Data Objects (ADO) を使用してレコードセットを更新または読み取ることができます

レコードセットまたは datatable は、表形式データを表示および操作する手段を提供します。 現時点では、レコードセットを入れ子にすることはできません。また、配列を含めることも、ユーザー定義型 (Udt) を含めることもできません。

レコードセットと databales をサポートすることで、TI は実質的に構造の配列 (または、COBOL 用語のレコード) と構造をサポートします。 構造体は、行の各列に1つのデータ要素が含まれる固定サイズのレコードセットまたは datatable として表されます。 TI は、メインフレームプログラミングの問題に対処するために、レコードセットや datatable に含まれる行の数に対する参照で、レコードセットと datatable を固定サイズ、境界、または非バインドとして分類します。

重要

OS/400 分散プログラム呼び出し (DPC) のプログラミングモデルでは、固定サイズのレコードセットと datatable のみがサポートされます。 プログラミングモデルは、バインドされていないレコードセットと datatable をサポートしていません。また、句、または可変サイズのレコードセットと datatable に応じて発生することもサポートしていません。

固定サイズ、境界、および無制限の TI レコードセットと datatable の場合、特定のレコードセット内のすべての行のレイアウトは同じであり、TI Project を使用してデザイン時に定義されます。 レコードセットまたは datatable がメインフレームからの出力または戻り値の場合、TI 実行時環境は、 RDSServer オブジェクトを使用してレコードセットまたは datatable を作成し、メインフレームプログラムから返されたデータ行をレコードセットまたは datatable に格納します。

このようなレコードセットは、カーソルの種類が adOpenForwardOnly の、切断されたレコードセットです。 レコードセットをスキャンするには、 MoveFirstMoveNext を呼び出して行を移動する必要があります。 レコードセットはインプレースで更新できますが、実際のデータソース (データを返したメインフレームプログラムによって操作されるデータソース) から切断されているため、更新プログラムは元のデータソースに反映されません。

Newrecordset は、すべての TI コンポーネントに対して自動的に提供される関数です。 この関数は、TI メソッド呼び出しに渡すことができる、切断されたレコードセットオブジェクトを作成するために呼び出されます。 Newrecordset は、TI クライアントアプリケーションの利便性を高めるために用意されています。レコードセットを TI コンポーネントのメソッドに渡す必要はありません。 関数を呼び出すことができるのは、入力または入力/出力レコードセットオブジェクトだけです。 TI ランタイム環境では、パラメーターが出力レコードセットオブジェクトの場合、レコードセットオブジェクトが作成されます。

このセクションの内容